書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

『存在の耐えられない軽さ』クンデラ(河出書房新社)

存在の耐えられない軽さ
クンデラ

経済学部・男性

→紀伊國屋書店で購入

存在の耐えられない軽さ

1.この本との出会いはいつですか?

高校3年の秋

2.どんな内容の本ですか?

プラハの春の頃のボヘミアで、政治情勢に翻弄男女4人の恋愛物語、とストーリーだけ要約すればこうなりますが、実際はストーリーはおまけで哲学書にちかいです

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

いきなりニーチェ永劫回帰についてからはじまる最初の2ページのような、著者クンデラが半ば唐突に披露する考察が、鋭く刺激的

4.この本からどのような影響を受けましたか?

人生観を180゜とは言いませんが、何十度かは変えられたと思います