書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

寡黙な死骸 みだらな弔い/小川洋子

寡黙な死骸 みだらな弔い
小川洋子

⇒紀伊國屋書店ウェブストア
6/9/2013 19:04:01
国語学部外国語学アラビア語専攻
2年生・女性

あなたが誰かに贈りたい本はありますか?その本の名前と著者名をお書きください。

寡黙な死骸 みだらな弔い/小川洋子

その本をどんな人に贈りたいですか?

人生のつらさに直面している人

どんな内容の本ですか?簡単なあらすじや、設定などをお書きください。

話につながりのある短編小説集。
高校生、老婆、主婦、医者、息子を亡くした女など、様々な生き方をしているごくありふれた人々の物語。 人間の汚い部分や業の深さを淡々とした言葉で美しく紡ぎだしてゆく。

あなたはその本と、どのようにして出会いましたか?

高校の時に現代文の授業でこの本に収録されている「果汁」を読んだ。
その印象が強烈で、小説をすべて読んでみたいと思った。

その本を受け取った人に、どのように思ってほしいですか?

読んでいて鬱々とした気分になることは間違いないので、その鬱々とした気分がどういうものなのか考えてほしい。 心に汚い部分を抱えていない人間などいないだろう。その自分の汚さを受け入れてほしいと思う。