書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

遠く遠く、どこまでも遠く。海外マガジンで机上旅行


年8回刊「ISLANDS」(アメリカ)

月刊「TRAVEL & LEISURE」(アメリカ)

月刊「THE SUNDAY TIMES TRAVEL MAGAZINE」(イギリス)

春になると、急激に旅立ちたくなるのは何故でしょうか? かくいう私も、旅に出たくて出たくて仕方がありません。ここではない何処かへ…! 

そういった欲求に駆られる人が全国的に多いのか、私周辺の局所的なブームなのか、友人たちの多くがまだ見ぬ地へと思いを馳せているようです。太陽と情熱の国、スペイン。アジア最後の桃源郷ラオス。刺激溢れる大都会、ニューヨーク。未知の国、パキスタン。この辺りの旅行計画を耳にしています。ワールドワイドな28歳たち揃いだなあと、感服しつつもうきうきしてしまいました。私もうっかりと微笑みの国、タイで友人と待ち合わせをする約束などを交わしました。世界的規模の待ち合わせを慣行します。愉快な仲間たちと、台湾へ行く計画もしています。楽しくて楽しくて、息ができないくらいに幸せな旅ができると信じています。あ、そうそう。台湾の雑誌は品揃え豊富なのですが…、そのお話はまた今度にしますね。

海外旅行となると、思い立ったが吉日というわけにはいきません。旅立ちまでの間。旅立ちの計画を練る時間。しばし空想旅行に連れて行ってくれる雑誌をご紹介します。雑誌「CREA」のリゾート特集並みに発行を楽しみにしています。表紙を見ただけでも、異国の地や豪華なリゾート地に立っている気分になります。実は、雑誌部に届くたびに小旅行を繰り返しております。じっと凝視する姿をどう思われているのか大変に不安ですが、この魅力には抗えません。リゾート感まったくなしの狭い職場にいて尚、眩しい光と爽やかな風を感じさせる風景が誌面に広がっています。ああ、爽快! 深呼吸がしたくなります! …いえ、ここは職場なんですけれどもね。

期限切れぎりぎりに滑り込んで、藍色の手帳も更新したことなので、私は旅に出ます。出る。それでは皆様。御機嫌よう☆ 【雑誌部・麻】