書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

原正彦(はら・まさひこ)

『若者たち、三部作』<br>「若者たち」「若者はゆく」「若者の旗」<br> 森川時久【監督】田中邦衛【出演】<br> (ジェネオンエンタテインメント)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(Nickel Back/Silver Side Up:25周年記念スペシャル・エディション(2005)) 「品(ひん)でしょうかね 結局のところ 品格の前の清潔清楚な品」 さよならはもう言った もう何も言う事はない 小さな教会、小さな街 涙さえ流さず …

『タイム・フォー・ブランチ<br> はなの東京散歩』<br> J-WAVE "TIME FOR BRUNCH"(PARCO出版)<br>『はなのWalkie-Talkie』<br> はな(幻冬舎)

はなの東京散歩" title="タイム・フォー・ブランチ はなの東京散歩" src="http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/4891947039.jpg" border="0" /> →紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 BGM(Chicago/Chicago Transit Authority(1969)) 「クリスト…

『サイエンティストゲーム:成功への道』<br>『続サイエンティストゲーム:<br> 若き科学者のための生き残り作戦』<br> カール・J・シンダーマン【著】山崎昶【訳】<br>(学会出版センター)

『研究人間:創造的科学技術者への道』 『続研究人間:科学技術者の創造性を生かす道』 B・E・ノルティンク【著】大鹿譲【訳】(共立出版) 『物理学とは何だろうか(上・下)』 朝永振一郎(岩波書店) 『科学者という仕事:独創性はどのように生まれるか』…

『ワイルド7(セブン)』望月三起也<br>『ケネディ騎士団(ナイツ)』望月三起也

→紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 BGM(Christina Aguilera/Back To Basics(2006)) 「真夜中のハードロック 夜明けのバラード そして再びハードなリフで 画びょうを握ってでも起きてろ」 とにかく強烈に忙しい。破綻の一都六県、▲▼寸前、尋常で…

『映画検定公式テキストブック』キネマ旬報映画総合研究所【編】(キネマ旬報社)<br>『映画検定公式問題集2級・3級・4級』キネマ旬報映画総合研究所【編】(キネマ旬報社)

→紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 「私はまだかつて 嫌いな映画に 逢ったことがない」 昔、キネマ旬報という雑誌があって、今もありますけど、それに原稿を採用してもらうのが最大の目標だった時期があります。当時はワープロなんてものはないので、…

『シネマ・シネマ・シネマ』梁 石日(ヤン・ソギル)(光文社)

→紀伊國屋書店で購入 「あれはいつだったか 私の記憶が正しければ ロッキーの試写会で 私の斜め前の座席で 荻昌弘さんが泣いていた」 再び夜明け前にホテルを出て、ヘッドライトに照らし出されたセンターラインだけを頼りに空港へのハイウェイを走る。FMをCl…

『気の力』船井幸雄・岡崎久彦(海竜社)

→紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 BGV(Nickel Back/Live at Home(2002)) 「「世の中の構造」と「人間のあり方」 「個の時代」への警鐘 love is not enough you can't change anything」 疲れ過ぎて眠れない夜が続く夕方になると歩く気持ちもま…

『江原啓之への質問状』江原啓之・丸山あかね(徳間書店)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(原田知世/I could be free(1997)) 「たましいの幼い人、カルマの法則 人は何のために結婚するのか 命の価値、生きることの意味」 先日の「トーキョー・バビロン(2006)」の最後の200頁位の疾走感は週末の午後に一気呵成に読み…

『トーキョー・バビロン』馳 星周(双葉社)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(Ministry/The Land of Rape and Honey(1988)) 「時は流れる 絶望的なほどの速さで 目の前を流れ去っていく」 ロウの入り方が違って、その引っ張り具合が違って、ロウから2速、2速から3速へのタイミングも、どうもタコメータ…

『世にも美しい日本語入門』<br>『トマシーナ』<br>『ヒトは本当にネコと話せるのか?』

→紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 BGM(Chick Corea/Expressions(1994)) 「強いて言えば 猫はノラに限る」 リビングに「ナショナルジオグラフィック」が無造作に置かれていて、そんな生活に憧れて、夜のとばりに少しの■■■を…

『きょうも、いいネコに出会えた』岩合光昭(新潮社)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(Jeff Beck/Beck Bogert Appice(1973)) 「今朝は3:30に起きて まだ星がきれいな時間に家を出た 月明かりのシルエットに黒猫が横切る 幸運の兆しだ」 例えば朝の4:00、マンションの1階では新聞配達人が床に新聞の束を置き、フロ…

『人は見た目が9割』竹内一郎(新潮新書)

→紀伊國屋書店で購入 →bookweb →bookweb →bookweb BGM(Char/気絶するほど悩ましい(1977)) 「目の力、覇気、smart、sharp、wit 人を和(なご)ませる快活さオーラ 目を細めてものを見るなんて論外 やっぱ英語出来ない男は**でしょ」 「人は見た目が9…

『NANA FM707』中島美嘉、宮崎あおい(TBS(レントラックジャパン))<br>『NANA 特別版』大谷健太郎(セディックインタ−ナショナル(東宝))

→紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 BGM1(NANA starring MIKA NAKASHIMA/GLAMOROUS SKY (2005)) BGM2(REIRA starring YUNA ITO/ENDLESS STORY (2005)) 「私は吹雪の中を走った コートの下に赤い色を隠して ・・・いらない・・・ 強がる自分にサヨ…

『Natural Born Killers 特別版』オリバー・ストーン(ワーナーホームビデオ)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(Nine Inch Nails/closer to god (1994)) 「you let me violate you you let me complicate you my whole existence is flawed help me get away from myself」 あの街には小さな公園があって、夜になるとあの木の下に女の子が見え…

『Rock Between The Lines<br> ロックの英詞を読む』ピーター・バラカン(集英社)

ロックの英詞を読む" title="Rock Between The Lines ロックの英詞を読む" src="http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/4797670908.jpg" border="0" /> →紀伊國屋書店で購入 BGM(Stanley Smith/In the Land of Dreams (2002)) 「もう返して no one's c…

『五十からでも遅くない』瀬戸内寂聴(海竜社)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(Genesis/Seconds Out (1977)) 「Max RegerはSerpentineにThe Ringを架けた すると半音階の回廊がHyde Parkの空を登り AgogikとDynamikの神が舞い降りた」 【1973 九段下】高校の頃、よく受験勉強の合間をぬって四谷のイグナチオ…

『仕事がもっと上手くいく<br> 図解 品よく見せる大人の技術』<br> インプレッション・ワークス(PHP研究所)

図解 品よく見せる大人の技術" title="仕事がもっと上手くいく 図解 品よく見せる大人の技術" src="http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/4569647219.jpg" border="0" /> →紀伊國屋書店で購入 BGM(坂本龍一/ウラBTTB (1999)) 「emotional landscapes …

『ヘーヘーホーホー40年!』昭和のいる・こいる (ポニーキャニオン)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(山崎まさよし/ドミノ) 「Head like a hole Maybe I'm all messed up それでも私、格闘技の味方です」 新年早々何ですけど、正直、突然生きているのがつらかったりします。あまりにもまともなのかまともでもないのかのような生活…

『ONとOFF』出井伸之(新潮社)<br>『ソニーが危ない!』荻 正道(彩図社)

→紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入BGM (Boston/Don't Look Back) 「出かける時は忘れずに 空白の10年 新しいoff timeスタイル」 006便はロサンゼルスの朝の10時頃に着く。いつもそこから101を90 mileほど北上するが、海岸に抜けるまでは殺風景な景色…

『小さいことにくよくよするな!愛情編』<br>リチャード・カールソン、<br>クリスティーン・カールソン(著)<br>小沢瑞穂(訳)(サンマーク出版)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(Bill Evans/Waltz for Debby) 「正しさよりやさしさ 何も見えなくても 何も言わなくても」 2005年のクリスマスイブ東京が大停電に見舞われた 言葉で言える気持ちよりも、言葉にならない気持ちの方が、実は沢山あるのか もしれない(…

『東京タワーが建ったころ<br> 50年前の私たち』 岩永辰尾 (第三出版)

50年前の私たち" title="東京タワーが建ったころ50年前の私たち" src="http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/480740525X.jpg" border="0" /> →紀伊國屋書店で購入 BGV 「全てが崩壊した後に ・・・ 許してくれよな ALWAYS」 街中から8マイルも離れてい…

『アンボス・ムンドス』桐野夏生 (文藝春秋)

→紀伊國屋書店で購入 BGM(Nickelback) 「女性の「凄み」 見てはいけないもの 見せてはいけないもの」 「俺が待ってくれと言ったら、あなたは「私にはいつも今しかない」と言って拒んだ」ドキッとする。 閉店間際のHMV、金曜の夜は心なしか人が少ない。新譜を…

『上原ひろみ<br>サマーレインの彼方』神舘和典(文)白土恭子(写真)(幻冬舎)

サマーレインの彼方" title="上原ひろみサマーレインの彼方" src="http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/4344010566.jpg" border="0" /> →紀伊國屋書店で購入 「Spiral」上原ひろみ(TELARC) 「会いたい人 努力と根性、そして気合い 今にも涙があふれそ…

『生きて死ぬ智慧』柳澤桂子(文)堀文子(画)(小学館)

→紀伊國屋書店で購入 「崩れ落ちる気持ちを拾いに しゃがみこんだまま 頭をかかえてうずくまる」 強烈なストレスの毎日です。この数年、安眠という言葉から見放されていて、レムとノンレムの周期の90分おきに目が覚めては、寝言にもならない唸り声のような感…

『CREAM Royal Albert Hall 2005』<br>(ワーナーミュージック)<br>『LEGENDS Live at Montreux 1997』<br>(コロムビアミュージック)

→紀伊國屋書店で購入 →紀伊國屋書店で購入 「where the shadows run from themselves 来週はマジソンスクエアガーデン 行けそうもないおやじロッカーの宿命」 CREAMとはエッセンスという意味精華、粋(すい)、凄い…という意味もあるけど、初めからのLEGENDS…

『81−1』夏木マリ(講談社)

→紀伊國屋書店で購入 「サルトルとボーボワール突然炎のごとく体内時間じかけのオレ・・必ずアイルシートに座る」 六本木の芋洗い坂にストライプハウスという個性的なギャラリーがあって、一 昨年だったか、サルトルとボーボワールの写真展があった。http://…

『夢をつかむイチロー262のメッセージ』<br> 編集委員会 (ぴあ)

→紀伊國屋書店で購入 「部活、夏合宿、 今になって分かる事 リミックス・バージョン」 今月号の「VS.」(光文社) は創刊1周年記念もあってか読み応えがある。グラビアも力作揃いで感動ものが並ぶ。高橋尚子がうつむき加減に走り始める。為末大が400mハードル…

『その日のまえに』 重松清 (文藝春秋)

→紀伊國屋書店で購入 「私の老後の夢は案外単純だったりします」 こうして窓からマンチェスターの風景を見ていると、日本でのバタバタの生活を恥ずかしく感じたりします。最近は何だか、慌ただしい殺人的なスケジュールの生活にドップリで、頭に浮かぶ無数の…

『ワイナートダイアリ』(美術出版社)

→紀伊國屋書店で購入 「wine diary message in a bottle」 「たとえばラフィットの矜持、ラトウールの豪奢、オーブリオンの寛容。ワインの形容を自ら探し、意味を問うのは、趣味の内奥に足を踏み入れるための基本である。」出だしからしてこう言われても、私…

気がついた気になる雑誌<br>『Sound & Recording』293号<br>「膨大な数のモジュラーシンセで作り上げた最新アルバムの秘密」<br>(リットーミュージック)

→紀伊國屋書店で購入 「2度とその音に戻れない 明らかに一線を画する 卒業写真のあの人は 優しい目をしてる」 首都高速の3号線を上ると、真正面に六本木ヒルズのビルが見えてくるということに最近気がついた。何か昔どこか気になる映画で観たような、異様…