書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

勝田有子(かつた・ゆうこ)

『香水― ある人殺しの物語―』パトリック・ジュ-スキント[著]池内紀[訳](文藝春秋)

→紀伊國屋書店で購入 「愛と存在をめぐる贖罪の寓話」 優れた文学作品が映画化されると、多くの場合、失望は免れない。映画『パフューム』はその点、相当の健闘をなした作品である。一部の宣伝では、その猟奇的側面が誇張されすぎた感を拭えないが、映画を観…

『高丘親王航海記』澁澤龍彦(文藝春秋)

→紀伊國屋書店で購入 「物語という舟」 マルキ・ド・サドからコクトー、バタイユにいたるまで、多くのフランス文学を日本に紹介してきた澁澤龍彦にわたしが惹かれたのは随分と昔の話で、強烈な西洋臭を放つエロティックなオーラと、奇を衒(てら)うようなスタ…