書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

中島岳志(なかじま・たけし)

中島岳志
1975年、大阪生まれ。大阪外国語大学でヒンディー語を専攻。
大川周明の存在を通じて近代日本の政治思想に興味を持ち、20歳の頃からR・B・ボースの生涯を追いかける。
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科に進学し、1999年はじめてインドへ。ヒンドゥー・ナショナリストとの共同生活を通じて宗教とナショナリズムの問題を追及する。
著書に 『ヒンドゥー・ナショナリズム』(中公新書ラクレ)、『中村屋のボース』(白水社)、『ナショナリズムと宗教』(春風社)、『インドの時代』(新潮社)がある。 現在、北海道大学公共政策大学院助教授。

『現代の貧困-ワーキングプア/ホームレス/生活保護』岩田正美(筑摩書房)

→紀伊國屋書店で購入 「「格差」って言うな!」 「格差」論が喧しい。 ワーキングプアやネットカフェ難民が「発見」され、新自由主義下の不平等が問題となっている。しかし、社会的不平等は近年になって突然、顕在化した問題ではなく、バブル経済下の東京で…

『ナショナリズム-その神話と論理』橋川文三(紀伊國屋書店)

→紀伊國屋書店で購入 「日本のナショナリズムの源流を探る」 この書評サイトの執筆を引き受けたとき、まずはじめに思い浮かんだのがこの本だ。 本書はかつて存在した紀伊國屋新書の一冊として、1968年に出版された。以降、版型を変えて復刻され、現在に至っ…