書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

2008-08-12から1日間の記事一覧

『境界の社会史-国家が所有を宣言するとき』石川登(京都大学学術出版会)

→紀伊國屋書店で購入 地域や社会によっては、ある特定の時代や地域だけを取りだして考察しても、さっぱりわからないことがある。本書で取りあげられている地域に近い西ボルネオの日本占領期に起こった虐殺事件を考察したとき、すくなくとも200年は遡らないと…

『ドット・コム・ラヴァーズ』吉原真里(中央公論新社)

→紀伊國屋書店で購入 「客観的記述から浮き彫りになるアメリカの男と女」 なんとも不思議な本の登場である。「ネットで出会うアメリカの女と男」というサブタイトルは、ある程度内容を伝えてはいるものの、本書を読んで感じとったものはもっと多様で豊かだ。…