書評空間::紀伊國屋書店 KINOKUNIYA::BOOKLOG

プロの読み手による書評ブログ

2007-08-03から1日間の記事一覧

『イエナの悲劇 : カント、ゲーテ、シラーとフィヒテをめぐるドイツ哲学の旅』石崎宏平(丸善)

→紀伊國屋書店で購入 「フィヒテの旅路」 一九世紀末から二〇世紀の初めてにかけてのドイツは、人々の才能が沸き上がるような異例な時期だった。ゲーテがおり、シラーがいるだけではない。カントもまだ生きているし、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルとドイツ…

『キャンディとチョコボンボン』収録「いまあじゅ」大矢ちき(小学館文庫)

→クリックして画像を拡大 「いまあじゅ」pp.254-255 →紀伊國屋書店で購入 名作「いまあじゅ」で、マニエリスムがメディアの問題になった 小学館文庫に大矢ちきが二冊入った。『おじゃまさんリュリュ』と『キャンディとチョコボンボン』。日本漫画史がマニエ…