« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月31日

『東京高級住宅地探訪』三浦展(晶文社)

東京高級住宅地探訪 →bookwebで購入

「理想の住宅地のなれの果てを歩き回った記録」

 本書は、消費社会研究家の三浦展氏が、東京西郊のいわゆる高級住宅地について、いくつもの文献を参照しながらその成立の経緯を辿るとともに、実際に歩き回った記録に基づいてその現状を記したものである。歴史的なものだけでなく、実際の住宅の写真も含め、資料もふんだんで、大変興味深く読み進めることができる一冊となっている。

 田園調布に成城といった、誰もが憧れる東京の二大高級住宅地に始まる各章を読み進めていくと、不思議なことに「憧れ」や「欲望が焚きつけられるような感じ」ではなく、むしろ一抹のさみしさが読後感として生ずることになる。


 むろん、これらの住宅地が現在でも一定の人気を博していることは事実である。だが、かつてこれらが急速に成立した時期における人々の熱望や、あるいはそれを今に伝える当時の住宅は姿を消しつつある。場合によっては、広い宅地は代替わりに伴って、小さく分割されてしまっているところも多い。


 言うなれば、現在において、これらの住宅地を歩き回って見えてくるのは、かつての理想郷の「なれの果て」であり、それゆえに本書を読んでいても「もののあはれ」さすら感じられるのだ。


 改めて、本書を読んでいて感じたのは、日本における住宅地の開発が「ここではないどこか」あるいは「ないものねだりの憧れ」をずっと追いかけるかのように続けられてきたということである。これら西郊の高級住宅地は、住宅も過密で湿度も高い東京東部の低地から見た理想郷として、戦前から開発が進められてきた地域である。だが、その「ここではないどこか」を追い求める熱狂のベクトルは、現在ならば、タワーマンションの上層階に住みたがるようなものといったほうが近いのだろう。


 こうした移ろいやすさについて、三浦氏もあとがきで以下のように述べている。


 「つまり、郊外住宅というものは、近代化という特殊な歴史状況のなかで、ごく一時的に必要とされたものであり、これからの時代には主流たりえないし、家族を入れた住宅という箱も、ただ使い捨てられていっただけであると言うこともできるだろう。」(P218)


 いわば、「不動産」という文字とは裏腹に、こうした住宅は、まさに消費の対象として使い捨てられていったのだと言っても過言ではない。そして、「不動産」を消費する動向は今なお続いているのも事実であり、そこにはむなしさを覚えざるを得ないのである。

 私自身は、(各章末のグルメガイドなどは純粋に楽しみつつも)本書をどうしてもそのようなものとして読んでしまったのだが、むなしさだけではやりきれないと感じられる方々は、今後の三浦氏の研究動向に注目されるとよいだろう。三浦氏は、シェアハウスや中古住宅のリノベーションなどにも着目しつつあり、これまでとは異なった消費行動に関する成果を、遠くない将来に読むことができるものと思われる。


 あるいは、氏の他の著作と読み比べるという点では、かつて本書評欄でも取り上げた『スカイツリー東京下町散歩』(朝日新書)と対比するのも面白い。同じ東京とは思えないほどの東西の違いが、そこからは浮かび上がるはずである。


 あるいは、東京という都市を理解するという点で言えば、都市社会学者たちの手による重厚なデータブックである『新編 東京圏の社会地図 1975‐90』(倉沢進・浅川達人編 、東京大学出版会)などと対比させるのも面白いだろう。この著作は、いわゆる自然地理学的な地図ではなく、居住階層などの社会的属性に基づいた空間分布を図表化したものであり、まさに三浦が取り上げた西郊の高級住宅地は、この「社会地図」でも、はっきりとその傾向を見て取ることができる。


 「社会地図」を通して俯瞰的な視点から眺めるのと同時に、三浦氏の2つの著作を通してリアルな視線で見つめたならば、今日における東京という街を、より立体的に理解することができるに違いない。


→bookwebで購入

『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン ― 私はなぜ九州新幹線に金箔を貼ったのか? 』水戸岡鋭治(交通新聞社新書)

水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン ― 私はなぜ九州新幹線に金箔を貼ったのか? →bookwebで購入

「JR九州の鉄道デザインはなぜあんなにも「奇抜」なのか」

 鉄道を趣味とする人々にはすでに知られた情報だが(一般の新聞にも記事として掲載されていたが)、昨年末、国鉄で副技師長を務められた星晃氏が亡くなられた。星氏といえば、0系新幹線をはじめ、こだま型特急電車や20系ブルートレインなど、国鉄の黄金期を支えた名車の設計に関わられたことで有名な方である。

 私が子どものときは、民営化以前だったから、まだ現役で走っていたこれらの名車がとても好きだった。何よりも、その機能的で無駄のない、すっきりとしたデザインが好きだったのだ。


 それに対して、図鑑などで眺めるヨーロッパの個性的な鉄道車両は、どうしても好きになれなかったのを覚えている。当時の私には、デザインがゴテゴテしているように感じられ、あまりに個性的すぎてなじめなかったのだろう。


 いわば、星氏が手掛けていたのは、高度成長期の日本社会におけるナショナルミニマムともいうべき存在としての国鉄車両、「みんなのための最大公約数」ともいうべきデザインだったのだと思われる。だからこそ、今日でも根強く、なおかつ広い支持を集めているのだろう。


 その一方で、分割民営化以降、JR各社はそれぞれに個性的で独自な車両を登場させてきた。その中でも、突出しているのがJR九州である。本書は、そのJR九州における鉄道デザインを担当してきたデザイナーの水戸岡鋭治氏のインタビューを元にまとめられたものである。


 上記のように、すっきりとした国鉄型車両を愛好していた私にとって、JR九州の車両デザインは、正直に記せば、あまりにも「奇抜」に見え、子どものころにヨーロッパの鉄道車両を見たのと同じように、最初は好きになれなかった。なぜあんなにも派手な色遣いを使うのか、なぜあんなにも目立ったフォルムにするのか、なぜあんなにも、文字情報や形式名をあちこちにプリントするのか、といったように、疑問ばかりが浮かんだのを覚えている。


 だが面白いもので、近年では、やがて見慣れてくるというのか、これも一つの個性的な鉄道車両のありようなのだと思えるようになってきた。
それも、単なる慣れであったり、私自身が歳を重ねたというよりは、むしろ鉄道のデザインをまなざす側の社会や人々のありようが変わってきたということであり、水戸岡流にデザインされた鉄道が求められる時代になってきたということらしいのだ。


 本書で、鉄道デザインについて語られた水戸岡氏の言葉からは、それが単に奇をてらったようなものではなくて、むしろ確固たる信念に基づいてそうされたものであることがよくわかる。


 私が特に目を引かれたのは、文字情報や形式名をあちこちにプリントすることにも表れているように、「どちらかといえばいろいろなものを車内に詰め込んでいく」(P12)ようなデザインをする、その理由である。


 この点について、水戸岡氏は以下のように述べている。


 「あらゆる上質なもの、伝統的に価値のあるもの、楽しいものを列車空間に入れ込んでみたのは、列車が老若男女、好みも考えも違うさまざまな人たちが乗り込む公共の空間だからです。その空間がさまざまな素晴らしいもので満たされていれば、乗客のみなさんは、それぞれに好きなところをみつけることができるだろう、それは豊かな列車空間ではないだろうかと考えたからです。
 とかくデザインというと「シンプルにすべきである」という考えが、ずっと私たちデザイナーを支配していました。それに抗うように、たくさんの価値のあるもの、楽しいものを詰め込むデザインをしてきたわけです…」(P13)


 いうなれば、「みんなのための最大公約数」を目指すのとは真逆に、「みんなの最小公倍数をかき集めたもの」を具現化したデザインということだろう。


 これはもちろん、どちらがいいとか悪いとか、優れているかといった対立軸ではない。むしろ社会の時代変化とともに、鉄道デザインに求められるものが変わってきたということなのだ。すなわち、一丸となって未来を目指した「高度経済成長」の時代はすでに過ぎ去り、現在では、個々人が自律したままに連帯をするような、成熟した社会のありようが求められる新しい時代へと移り変わりつつあるということなのだろう。


 だから今では私は、星氏がデザインしたような国鉄型車両とともに、JR九州の鉄道車両も好きである。まもなくデビューすると言われている寝台列車『ななつ星』も、今から楽しみで楽しみでたまらない。
 

 このように本書は、趣味的な観点から楽しめるということは言うまでもなく、社会科学的な観点からしても、公共的な空間やもののありようを考えるうえでの重要な実践例として参考になる。


 水戸岡氏が鉄道デザインについて語った著作はすでに何冊か存在しているが、その中でも、本書が一番安価でハンディで読みやすい。なので、関心がある方は、本書を入り口にして読み進められるとよいだろう。


 またその際には、できる限りJR九州の車両にも、実際に乗車されたうえで読まれた方がより理解が深まるであろうことも記しておきたい。


→bookwebで購入

『パリ愛してるぜ~』じゃんぽ~る西(飛鳥新社)

パリ愛してるぜ~ →bookwebで購入

「「日常化」したフランス」

 フランスについて書くのは勇気がいる。日本には、この国に対して異様なまでに思い入れの深い人々がたくさんいるからだ。


 かつて永井荷風は、『ふらんす物語』の中で、帰国日の嘆きを次のように書いていた。

  「ああ自分は何故、こんなにフランスが好きなのであろう。フランス!ああフランス!」(P303)
  「…しかし自分はどうしても日本に帰りたくない、巴里に止まりたい」(P302)

 そして、「料理屋かカッフェーの給仕人」(P302)になってでも、パリに残りたいという心情を記すのだが、そこからは、フランスに対する深い憧れと、当時の日本社会に対する深い絶望とが伺えた。


 今日でも、荷風のような憧れを抱く人は決して少なくなく、書店で海外事情に関するコーナーに行って見ても、フランスに関するものがダントツに多いのが分かる。この国については、蘊蓄を垂れたがる人が多いのだ。

 一方で、本作『パリ愛してるぜ~』をはじめ、続編の『かかってこいパリ』『パリが呼んでいる』も含め、じゃんぽ~る西が描いたこれらの漫画は、憧れのまなざしがないわけではないものの、もっとフラットな立場から、フランスの日常を描き出している点に好感を覚える。


 西は、漫画家のアシスタントになろうと思ったがなれず(そもそもそんな職業が存在せず)、日本食材店でアルバイトをして、エレベーターなしのアパルトマンの7階の屋根裏部屋に住むことになる。


 そしてアパルトマンの排水が悪くて水浸しになったり、ホームレスにまとわりつかれたり、売ってもいないような商品(砂糖入り醤油)を無理やりに求められたりと、いろいろなトラブルに巻き込まれていくがゆえに、帰国時に「フランス生活を思い返してみてどう?」と尋ねられても、「な、なんだか、ろくでもない思い出しかないような気が・・・」(P180)と答えることになるのだが、そこには荷風の時代や、今日でも強い憧れをもって蘊蓄を語りたがる人達のフランスとは随分と違った様子がうかがえる。(きっと荷風がアルバイトになってパリに残っても、同じような作品を描くことはなかっただろう。)


 したがって本作には、ワインや美術品や街の歴史に関する蘊蓄も、あるいは南仏プロヴァンスの素敵な景色も出てこない。そうした過剰にステレオタイプ化されたフランス像ではなく、ミュージシャンが歌い、ゴミもちらかったメトロの車内であったり、少し物騒な深夜の街角であったりといったごくごく日常のパリが淡々と描かれているだけである。


 そしてだからこそ本作は面白い。日本の漫画の絵柄にデフォルメされ、キャラクター化されたフランス人が登場し、日常的なエピソードが繰り広げられるので、肩肘を張らずに親しみを持って読み進めることができるのだ。


 もちろん、だからと言って、もはや日本はフランスと肩を並べるほどの文化大国になったとも到底思わないし、まだまだ、かの国には学ぶべき点が多々あるとは思うものの、本作には、行ったことがない人でも、そして行ったことのある人はなおさら、クスクスと笑いながら楽しめる等身大のフランスの日常があふれている。


 だから、日本人が語った蘊蓄本など読みたいとも思わないだろうが、本作については、当のフランスでも大きな人気を博しているのだという。ぜひ関心のある方には、関連の作品とともに読むことをお勧めしたい一作である。



→bookwebで購入

2013年01月30日

『ライジングサン』藤原さとし(双葉社)

ライジングサン →bookwebで購入

「今どきの若者からみた自衛隊」

 本作は、自らも自衛隊入隊経験のある漫画家、藤原さとし氏によって書かれたマンガであり、現在『漫画アクション』で連載中である。

 主人公の甲斐一気は、「夢もとりえもない平凡な日々を送る」(裏表紙より)普通の若者だが、ある日の自衛官との出会いをきっかけとして、高校卒業後に予定していた会社への入社を取りやめ、自衛官を志すことになる。今のところ、本作が重点的に描いているのは、入隊してからの3か月間、正式に任官される前の自衛官候補生として厳しく鍛えられていく過程である。


 これまでにも、自衛隊を描いた漫画は決して少なくなかった。たとえば、かわぐちかいじ氏の『沈黙の艦隊』や『ジパング』のように、かなり高度で専門的に実戦部隊の様子を描いた漫画であったり、日辻彩氏の『突撃!自衛官妻』のような、面白おかしくネタ化した漫画などは存在していたのだが、本作のように、今どきの若者の目線から、いわゆるビルディングスロマンのように描かれたものはあまりなかったように思われる。


 この点において、ごく一般人の目線からリアルに、なおかつわかりやすく実態をとらえ、普通の若者が徐々に自衛官になっていく様子を描いた本作は、貴重な価値を持つと言ってよいだろう。


 「平和ボケ日本」と称されるようになってからすでに久しいが、この社会に生きる若者たちが自衛隊入隊というシビアな体験を通してどのように変わっていくのか、今後の展開を見守りたいと思う。


 ただ期待を込めて、やや辛口のコメントも記すならば、ヒューマンドラマの割合が多いがゆえに、単行本一冊当たりの情報量が少なく感じられる点は残念である。もっと自衛隊に関する、あまり知られていないような実態や情報を増やしてもいいのではないだろうか。


 読者への配慮やわかりやすくする工夫もあるのだろうが、女性キャラが頻繁に出てきたり、登場人物同士の葛藤や衝突を頻繁に描くのならば、別に素材が自衛隊でなくてもよいような気もしてしまう。


 この点で、シビアな体験が若者たちの成長にもたらす影響を描いたマンガとしては、韓国の徴兵制を取り上げた『軍バリ』(原作イ・ヒョンソク、漫画イ・ユジョン)のほうが情報量は多かったように思う。徴兵制の軍隊と志願入隊の自衛隊との違いはあるものの、『軍バリ』のほうが、徴兵後の男性主人公の変化に特化しつつも、一方で社会背景も要所要所に加味しながら描いていくことに成功していたのと比べると、本作は主人公のキャラ設定からしてもやや平板なものに思われなくもない(そのキャラの浅さが、現代日本の若者らしいのかもしれないが)。


 だが、いずれにせよ、法律論や制度論を真正面から論じることも重要だが、こうした文化的な表象を通して、自衛隊についての理解を進めていくことの必要性を教えてくれる作品として本作を評価したいと思う。


→bookwebで購入