« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月31日

『鉄道と国家-「我田引鉄」の近現代史』小牟田哲彦(講談社現代新書)

鉄道と国家-「我田引鉄」の近現代史 →bookwebで購入

「鉄道と政治の切っても切り離せない関係」

 面白かった、そして考えさせられた。というのが本書の感想だ。

 著者の小牟田哲彦氏については、アジア圏の鉄道について書かれた良質なルポルタージュで名前を知っていたのだが、本書についても、ありがちな感動物語や偉人伝に陥ることなく、冷静な社会科学的分析がなされていて一読に値する著作になっている。


 評者も、鉄道についていくつかの文章を記してきたことがあるのだが、その根幹にあったのは、日本における鉄道が、政治や経済の文脈でばかり語られることが多く、むしろ日常生活や文化に対して及ぼした影響についてあまり顧みられていないという問題意識であった。


 だからこそ、意図的に鉄道と文化のかかわりについて論じてきたのだが、本書を読んで思い知らされたのは、今日に至ってなお、日本の鉄道が政治とは切っても切り離せない関係にあるという事実であった。


 鉄道と政治、あるいは軍事とのかかわりについては、これまでにもいくつもの優れた著作が存在してきた。近年に書かれたもので読みやすいものとしては、過去にも書評で取り上げた、『鉄道と日本軍』(竹内正浩)などが存在する。


 こうした著作では、明治政府がなぜ他国と比べて狭いレールの幅(ゲージ)を選択したのか、初期の鉄道のルートはどのように決められていったのか、鉄道の発展と日清日露戦争との深いかかわりなどが検討されており、本書でもこうした経緯に触れられている。


 だが、本書がさらに興味深いのは、明治以降の、そして今日に至るまでの日本の近現代史を辿りながら、それでもやはり鉄道と政治が深いつながりにあることを示している点なのだ。


 それは、私が少年時代に好んで乗車した地方の鉄道が、田中角栄の「日本改造計画」の負の遺産としての赤字ローカル線であったという話にとどまらず、むしろごく近年の、東日本大震災以降の鉄道の復興であれ、新幹線の海外輸出についてであれ、結局のところ政治的な決断と切っても切り離せない関係にあるということである。


 政治と鉄道のかかわりというと、どうしてもよからぬ方向の話を想像してしまいがちだが、決してそうとばかりは限らない。筆者が言うには、新幹線の海外輸出についても、もし不利益を被るような結果が見えているのなら、そこから勇気ある撤退をするのにもまた政治的決断が不可欠なのだという。


 以前にも書評で取り上げた中央リニア新幹線の問題や(『必要か、リニア新幹線』橋山 禮治郎)、先ごろ急に着工が決められた整備新幹線の問題を考えていく上でも、本書は示唆に富む一冊だと言えよう。



→bookwebで購入

『東京シャッターガール』桐木憲一(日本文芸社)

東京シャッターガール →bookwebで購入

「プリコラージュとしての東京」

 「東京とは何か?」「それはどんな街か?」と聞かれても、答えに困ることだろう。

 そこにはいくつもの特徴があるし、あるいはまた、人によっても感じ方が異なっているからだ。


 よくある旅行ガイドの類いを開いて見ても、そこにはいくつものスポットが紹介されている。東京スカイツリー、六本木ヒルズ、渋谷、原宿、お台場、そして浅草や上野といったところだろうか。いわばそこには、「東京」という一つの言葉に収斂されない、「複数の東京」が存在している。

 さて、本書『東京シャッターガール』は、そんな「東京の複数性」をフィルムに焼きつけていく少女を描いたマンガだ。


 だがマンガといっても、大きな物語に基づいたストーリー性があるわけではなく、一話あたり6ページ程度の短編が集められている。こうした形式は最近のマンガではよく見るものだが、むしろ本書では、登場人物のキャラ設定であったり、ありがちな(ラブ)ストーリーなどに過剰に引きずられずに、「東京の複数性」を味わう上で、大いに功を奏しているように思える。


 長編ストーリーマンガに慣れた先行世代からすると、物足りなさを覚えるかもしれないが、慣れてくると、そこにはさわやかさであったり、潔さすらも感じられてくるのだ。


 あるいは今日における「都市体験」というものが、大きな物語に基づいた共通性のあるものではなく、まさに本書のように断片化したものになりつつもあるのだろう。


 この点において、本書を読みながら「まだ見ぬ東京」「行ったことのない場所」を知らされても、蘊蓄を長々と聞かされたような不快感はなく、機会があったらちょっと「覗き」に行ってみようかなと思わされてくる。

 本書を読んでいて一番印象に残ったのは、都電を写そうとした主人公のカメラと、それに乗っていて外を写そうとした少年(玉城君)のカメラが向かい合うシーンだ(第21話 都電車窓)。


 主人公とカメラが向き合ったところで、「見事な相打ちだな!」とほほ笑んでこの回は終わるのだが、その前に少年が思い出していた、両親が離婚したつらい過去にはそれ以上深い入りせず、話が閉じられるところがなんともさわやかなのだ。


 そこからは、おそらく今日のリアリティもそのようなものだろうと思わされる。互いの内情に奥深く立ち入りはしないし、「自分とは違ったリアリティ(=東京の複数性)」を生きているのだろうけれども、それでも他者がいて、この社会が営まれていることで、どうにか日々を生きていくことができる・・・といった、多元的な現実感に満ちた風景がそこでは描かれている。


 昨今では、無理やりにでもオリンピックを招致して、東京を一つにまとめあげようとする動きがあると聞くが、それとは対極に位置づけられるような、「プリコラージュとしての東京」を本作から味わっていただきたいと思う。


→bookwebで購入

『社会学の方法-その歴史と構造』佐藤俊樹(ミネルヴァ書房)

社会学の方法-その歴史と構造 →bookwebで購入

「社会学のマージナリティ 」

 「社会学って何なの?」とは昔からよく聞かれる質問である。

 多くの社会学者が経験していることだろうが、「文学部社会学科」のような専攻に所属していると、「社会科学なのか、人文科学なのか、ハッキリしてくれ」と言わんばかりの質問を受けることがある。


 いわば、社会現象をお金の動きから解明する経済学、法律から考える法学、権力から考える政治学とも違うし、かといって文学や歴史学でもない。だがこうしたマージナリティは、それこそが社会学という学問の特徴なのだろう。


 そして、社会学が論じるのが得意で、かつ今日では重要な社会現象となっているものはいくらでもありうる。たとえば、家族や友人関係であったり、ジェンダーの問題、宗教やナショナリズムの問題等、これらはお金や法律の問題として割り切れる(説明ができる)社会現象ではない。
 


 さて、本書は東京大学教授の佐藤俊樹氏によって書かれた社会学史のテキストだが、まずもって面白かったのは、こうした社会学のマージナリティが、まさに「生まれながら」にして宿命づけられていたという点だ。


 それは本書で取り上げられた、何人かの「偉大な社会学者」に関するある共通点から理解することができる。


「マートンをのぞく五人がともに「ロタールの国」、すなわちライン川中流域の都市群、ストラスブールやハイデルベルグやフライブルグに縁があるのに気づいたときは、ぞくぞくした。」(P429)


 つまり、「アルザス・ロレーヌ(ドイツ語では、エルザス・ロートリンゲン)」地方として知られる、フランスとドイツとの、まさにマージナルな地域に、「偉大な社会学者」たちは深い縁を持っていたというのである。


 例えば、デュルケームが社会学を切り拓こうとした19世紀のフランスとは、市民革命や産業革命を経たのちに、そうした政治的経済的な進展だけによらない、新たな社会秩序が求められた時代であり、だからこそ、マージナルな学問としての社会学がそこで登場してきた。


 その際にデュルケームが、アルザス地方に縁持つユダヤ人(アルザス・ユダヤ人)であり、二重の意味でマージナルな存在で、アウトサイダーであったからこそ、今日の社会学につながる重要な出発点を記すことができたのではないかという。


 このように本書は、「偉大な社会学者」たちの学説を取り上げながら、「机上の空論」として並び立てて称揚するのではなく、むしろその人生や歴史的背景に分け入りつつ、かといってそこを不必要に掘り下げすぎずに、一貫したストーリーを持った社会学の歴史として描き出しているところに大きな魅力がある。


 著者に言わせれば、どうしても学説史のテキストや講義では、先達の学者を「偉大なる聖人」として扱ってしまいがちなのだが、「偉大」であるのはその学問的業績についてであって、むしろその個人としては、「人間くさい」背景を掘り下げてみたかったのだという。


 そしてその努力こそ、まさに本書を、人文科学的な視点(人生や歴史的背景の探求)と社会科学的な視点(社会学史)とのマージナルな魅力をもった一冊に仕立て上げているものと思われる。

 加えて本書の魅力を記せば、一人の社会学者によって、一貫して書かれた社会学史のテキストであるという点も重要である。というのも、専門分化の進む昨今において、こうしたテキストは共著で書かれることが多いし、「概説」の講義もオムニバス形式で担当されることが多いからだ。


 著者が、自分なりの一貫した視点で社会学の歴史をまとめる上で取り上げているキーワードは、「常識をうまく手放す」「社会が社会をつくる」(P4)というものである。


 これは、先にも記したとおり、社会学がマージナルな学問であるという点と大きく関連している。


 一見、主流の社会科学から外れているかに見えるからこそ、引いた目で「常識を手放す」ことができる。だが、結局のところ、社会学も完全に社会の外に出ることはできない。社会学自身も、あくまで社会の中で社会に影響を受けざるを得ないが、それでもそうした立場からも社会に影響を及ぼすことはできるのである(「社会が社会をつくる」)。


 デュルケーム、ジンメル、ウェーバー、パーソンズ、マートン、ルーマンへといたる流れをダイナミックに追いつつ、社会学的な思考の特徴をうまく捉えた本書は、できることなら、社会学を学び始めた大学生にはぜひ読んでほしい一冊である。ややボリュームのある著作だが、その文体はわかりやすく読みやすい。


 またタコつぼ化の進む今日にあっては、研究者が読んでも十分に読み応えがあり、面白く意義深い一冊だと思う。


→bookwebで購入

『ベッカー先生の論文教室』 ベッカー,ハワード・S.【著】 小川 芳範【訳】 (慶應義塾大学出版会)

ベッカー先生の論文教室 →bookwebで購入

「書きたい論文を書くための希望の書」

 本書は、『アウトサイダーズ-ラベリング理論とは何か』(新泉社)などの著作で知られる社会学者、ハワード・S・ベッカーが記した論文執筆の指南書である。初版は1986年に出ているが、その後も読み継がれ、本書は2007年に出された第二版の翻訳にあたる。

 まさに、表紙裏の折込にもかかれているように、論文を書きたい人にとっての「希望の一冊」というにふさわしい著作だと思う。


 というのも、よくあるマニュアル本のように細かなハウツーのテクニックについても記していながら、そもそも書きたい文章を書くとはいかなることか、そのためにはいかなる心構えが必要なのか、といった点にも触れられているからだ。


 自分の筆力のなさを棚に上げて記すが、いくつかの学会誌で編集委員として論文査読を経験してきた立場からすると、「書かされた論文」というものを嫌というほど読まされてきた。こうした論文は間違いなくつまらないし、そもそも気持ちがこもっていないからか表記の稚拙さという段階で、評価に値しないことが多い。


 だが、こうした論文を「書かされる」若手研究者の立場には同情せざるを得ないところもある。アメリカでも同じような状況があると本書では記されていたが、いわば研究職を得るうえでは、論文の掲載数が何よりも重視されているからである。本書で興味深かったのは、さらにアメリカではその論文の被引用数(どれだけ他の論文で引用されたか)も重視されるようになったため、以前と比べて学術論文のタイトルが長くなる傾向にあるという(多様な単語をちりばめておいたほうが引用される可能性が高まるからだろうと著者は解釈している)。


 実は本書を読んでいて一番おもしろかったのは、「むすびの言葉」で著者がこうした現状を徹底的に批判しているところだ。社会学の大家である著者が学会の現状を批判する言葉を、小心者である評者はハラハラドキドキしながら読んだのだが、その主張とは、(若手を中心とする昨今の研究者は)本当に書きたい論文を書けていないのではないか、もし本当に書きたい論文があるのなら、究極の選択としては自費出版や自らネット配信すればいいのではないか、もちろんチェックが手薄ということで文章の質が落ちる可能性はあるが、学会誌に投稿して表記の形式など事細かな要求ばかりされるよりはマシなのではないかといったものである。


 近年、評者が専門とするポピュラー文化研究のようなジャンルにおいて特に見られることなのだが、極端な言い方をすれば、学会誌よりもコミケで売られている同人誌のほうに、ヴィヴィッドで興味深い文章が掲載されていることが少なくない。こうした実態からすれば、著者の主張には十分に耳を傾けなければならないだろう。


 また、あまた記されたハウツーのテクニックの中で、特に評者の目を引いたのは、資料などを全て完璧にそろえてから書きはじめてはいけない、というものだった。もちろん向き不向きはあるのだろうが、評者はこれを早速取り入れ、それなりに効果があがった。


 すなわち、完璧主義的に、全ての必要な資料等をそろえてから、一字一句間違いのない文章を一気に書きおろそうとしてはいけないということなのだ。著者は、いわゆる「物書き」の専門家と目される人々が、初めから素晴らしい文章を書きあげているかのように思われているのは甚だしい誤解だと指摘したうえで、むしろメモ書きのような記述でよいので、とにかくどんどん書いていくことこそが重要であり、表記を整えたり、修正を加えるのは最後にまとめてすればよいのだと記している。


 そして、これも若手がハマりやすい落とし穴だとした上で、未完成の草稿を決して恥ずかしがることなく、他人に見せてアドバイスをもらいながら、上記のような修正作業をしていくのが大事だという。


 このように本書は、単なる論文執筆のテクニック指南書というだけでなく、まさに論文を書きたい気にさせる「希望の一冊」である。大学受験参考書でいうところの、いわゆる「実況中継」風に書かれた、さながらベッカー先生の授業に参加しているかのような文体も読みやすい、ぜひお勧めしたい一冊である。


→bookwebで購入