« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月31日

『現場主義の知的生産法』関満博(ちくま新書)

現場主義の知的生産法 →bookwebで購入

「今だから読みたい、あくまでアナログな仕事術の本」

 本書は、明星大学経済学部教授で一橋大学名誉教授の関満博氏が、その仕事術(=研究の作法)の極意を記して2002年にちくま新書から刊行したものである。

 関氏といえば、日本の製造業、それも地方の中小企業の実態に精通していることで知られる経営学者である。奇しくも先ごろの震災の折は、岩手県釜石市に講演のために滞在中であったといい、その後も東北の復興とそのために地方の製造業の再建が必要であることを訴え続けている。


 そんな関氏を、専門は違えども私は尊敬してきた。何よりもすごいと思うのはその著作の多さだ。10年前の大学院生時代に本書と出会い、まずもって驚いたのは、「エイジシュート」(P142)という言葉だ。これは、著作の数が自身の年齢に追いつくことをいう。


 単純に数字の大きさだけを言うならば、若手研究者のほうが有利にも思えるが、論文ではなく著作という確固たるまとまりをもった成果となると、これはある程度のベテランでないとコンスタントには出せないものである。


 また関氏の著作の場合、数々の受賞歴が物語るように、単純な数量だけでなく、その質においても優れているのだから、これは驚かずにはいられない。


 そして、本書を読んで一番驚かされるのは、そのアナログな仕事術だ。P116の写真にもあるように、氏はいくつかのテーマごとに資料を整理する際、いわゆる手提げの紙袋に放り込んで、紙袋ごとその辺に並べておくのだという。別な言い方をすれば、カード式の整理法など精緻な整理術は、かえってその方法自体が自己目的化してしまい、コストばかりかかってあまり実を結ばないのだ。


 また、「電話やメールからひたすら身を隠す」、あるいは「立ち回り先は・・どこでも仕事が可能な形にして」(いずれもP147)おく、といった工夫も、ますますオンライン化が進み、ネット依存やノートPC・スマホ依存が高まっている昨今からすると、かえって新鮮にすら感じされる仕事術といえよう。


 この点で本書は、刊行されたのは10年前であるけれども、いやむしろ、10年前に書かれているからこそ、アナログな仕事術の極意を記したものとして、読み継がれる一冊なのだと思われる(余談だが、筆者は本書を仕事机の傍らに常備して、行き詰った時によく読み返している)。



→bookwebで購入

『ポピュラー文化論を学ぶ人のために』ドミニク・ストリナチ著/渡辺潤・伊藤明己訳(世界思想社)

ポピュラー文化論を学ぶ人のために →bookwebで購入

「ポピュラー文化研究の理論的なレビューに最適の一冊」

 いきなり私事で恐縮だが、本書は本年度大学院ゼミの購読文献の一つであった。評者のゼミにはポピュラー文化研究を志向して集まってくる海外からの留学生が多いのだが、その特徴の一つとして、彼らが自身の研究に用いる理論的背景についても多様でバラバラなものになりやすい傾向がある。

 もちろんポピュラー文化研究においては、その研究対象の多様さとも関連して、たった一つの一般理論に収斂していくようなこともあり得ないが、かといって、気を付けていないと理論的な水準での知見に乏しいものになりがちな研究ジャンルでもある。


 アイドルであれアニメであれ、研究対象がある程度知られているものである分、分析においても、一般的な常識をなぞっただけのような分析、具体的に言えば文学的な作品論(この歌詞がいいからこのアイドルはヒットした)や、心理学的なファン文化論(こうした心理特性を持つファンだから、このアニメが受け入れられた)だけで済まされてしまうことが少なくない。


 もちろんそれらの分析が重要であることは否定しないが、ポピュラー文化が、ある程度の規模で成立する社会的な現象であるならば、その時代ごとの状況を背景とした社会学的な分析こそ、欠かせないのではないだろうか。


 この点において本書は、社会学的なポピュラー文化研究の理論的な知見を、幅広くそしてバランスよくレビューした格好の入門書といえる。


 著者のドミニク・ストリナチ氏は、フィルムスタディーズなどを専門とし、イギリスのレスター大学に所属する研究者であり、それゆえに本書も、イギリスの文学研究から芽生えた大衆文化論を議論の端緒としている。そして、大衆文化論VS市民社会論といった、かつて日本でも見られた対立構図や、ドイツにおけるフランクフルト学派や、フランスにおける(ポスト)構造主義の隆盛、のちのカルチュラル・スタディーズへとつながっていくグラムシ派のマルクス主義の成果、さらには、フェミニズムやポストモダニズムといった比較的近年の議論などをバランスよく取り上げている。


 訳者も触れている通り、ストリナチ氏の淡々としたあまり価値判断をまじえない文体は、時に単調に感じられなくもないが、逆に先入観なくこれらの理論的成果を概観できる利点も与えてくれている。また、これも訳者がいうように、これだけの幅広さで、ポピュラー文化研究に必要な理論的成果を手際よくまとめている類書は、ありそうでいて意外と存在しない。


 加えてポピュラー文化研究に精通した研究者による訳文は読みやすく、巻末の文献紹介なども親切である。(同様に、主として渡辺潤氏を中心に刊行された、世界思想社の「学ぶ人のために」シリーズの『<実践>ポピュラー文化を学ぶ人のために』も本書と合わせると参考になろう)


 最後に、本書は主として欧米圏の研究成果を中心にまとめられているが、今後は、日本やアジアにおける同様の成果をまとめた著作などが期待されよう。


 日本における論文では、吉見俊哉氏による「コミュニケーションとしての大衆文化」(『メディア時代の文化社会学』所収)などが高水準だが、近年のニューメディアの状況などを合わせた成果も期待したい。


→bookwebで購入

『自己分析する学生は、なぜ内定できないのか?』森田均(日本経済新聞出版社)

自己分析する学生は、なぜ内定できないのか? →bookwebで購入

「本当に必要な「自己分析」のために」

 大学生の就職活動で二極分化が進んでいると言われて久しい。実際に、かなり早い段階で複数の会社から内定をもらう学生と、まったく内定がもらえない学生とにクリアーに分かれており、その中間にあたるものは少ない。


 前者のような「就活優等生」は、他の学生生活全般においてもアクティブだったりして、ある意味で当然の結果のようでもあるのだが、これはどちらかといえばごく一部の事例なので、あまり参考にはならない。


 むしろ、圧倒的な多数を占める後者への対策を考えることが、大学に勤務するものにとって、日々の課題となりつつある。


 評者も自分の研究から離れて、いくつか就活本を読みこんだりしているが、このように就職活動を始めてみたけれどうまくいかない学生たちに対して、現段階で最も適切な対応を示しているのが、本書『自己分析する学生は、なぜ内定できないのか?』である。


 学生に本書を薦めると、多くのものたちは非常に戸惑うことになる。


 「えっ!自己分析しちゃいけないんですか?しなかったら、面接でなんて答えたらいいんですか?」と。

 しかし、実はこうした戸惑った答えの中に、すでに就職活動に失敗する要因が含まれているのだ。


 もちろん、最低限の自己分析は必要だ。自分がどこの大学の何学部出身で、専攻は何で大学時代に打ち込んだことや長所は何かなど、それぐらいはすぐに答えられるようにしておかなければならない。むしろその程度のことは、「自己分析」と呼ぶまでもなく、至極当然の、本当にごく最低限のこととしてやっておかなければならないことなのだ。


 著者が批判するのは、そのさらに先のアピールを、「自己分析」に求めることである。学生たちにとっては辛らつな記述かもしれないが、著者に言わせれば、たかだが20数年しか生きていない学生の人生など、振り返って「自己分析」したところで、さして深みのある話など出てこようはずもない。ましてや一般的な大学に進学した者ならば、どうせ似たり寄ったりの話しか出てこないはずである(「サークルでは~」「ゼミの活動は~」「海外旅行に行って~」というように)。


 深みのないアピールしかできない「自己分析」なら、そのような無駄な作業を直ちにやめて、むしろ、他の人にはない自分にしかない個性を磨くような行動に直ちに移るべきであるというのが著者の主張の根幹だ。それが「脱マニュアル」の「戦略型就活」なのだという。そのための具体的なヒントが本書にはわかりやすくちりばめられている。


 詳細は本書を読んでほしいが、グローバル化が進み、日本社会にも海外からの人材流入がますます進む中、普通の大学生活を送っただけで内定がもらえるような時代ではもはやない。


 本書は、就職活動の第二歩目(イントロのマニュアル本の次)ぐらいに読むことをぜひお勧めしたい一冊である。



→bookwebで購入

2012年01月28日

『空間の男性学―ジェンダー地理学の再構築』村田陽平(京都大学学術出版会)

空間の男性学―ジェンダー地理学の再構築 →bookwebで購入

「男性性研究の新たなフロンティア」

 やや荒削りだし、一つの書籍としてはまとまりの悪い部分が多少感じられなくもなかったが、それを補って余りある魅力のある一冊だと思った。

 本書は、「女性学的視点による研究が中心であった従来のジェンダー地理学に対して、男性学的視点から空間とジェンダーの問題を検討することで、ジェンダー地理学の再構築を目指すもの」である(序章より)。


 筆者によれば、これまで地理学においても、とりわけ第二派のフェミニズムの影響を受けながら、「性別による空間的格差の問題」を告発するような研究が盛んにおこなわれてきた。


 また、こうしたフェミニスト地理学はそれなりに大きな成果をもたらしながら拡大もしてきたが、依然として日本においては、空間とジェンダーの関わりを論ずる学術的な議論は盛り上がっておらず、ましてやフェミニストだけでなく、男性学的な視点から空間を論ずる議論となると、ほとんどなされてこなかったのだという。


 こうした問題意識は、社会学を専攻する立場からしても、非常によくわかるものである。フェミニズムの影響でジェンダー研究は大いに発達してきたが、それと比べて、男性性に関する研究は遅れがちであると言わざるを得ない。


 加えて日本においては、ジェンダーがコミュニケーションやアイデンティティーの問題としてとらえられがちで、空間と結びついた形での議論は、十分になされてこなかったというのは正鵠を得た指摘である。
あるいはこの点は、日本の社会学がコミュニケーションやアイデンティティーの問題にばかり関心を払って、空間に関する議論が不十分であったのだと言ってもよい。


 しかしながら、我々の実生活を振り返ればたちどころに連想されるように、コミュニケーションやアイデンティティーの問題は、空間のありようとは、決してきっても切り離せない問題のはずである。


 それは、本書が取り上げている女性専用車両などの「特殊」な事例に限られた話ではない。誰もが使うものであれば、男女別に設置されたトイレがたちどころに連想されるし、あるいはデパートやショッピングセンターでも、女性向けの商品売り場が入り口近くに配列されて、逆に男性向けは奥の方や上の階になっている。


 あるいは、夜の飲み屋街は、男性ばかりだから若い女性には近づきがたがったり、逆に、おしゃれなカフェやスイーツを出すお店ならば、中年男性には入りづらかったりもする。


 おそらく、このように我々が日常生活を営む空間は、幾重にもジェンダー化されており、逆にこうした構造が我々のコミュニケーションやアイデンティティーのありようにも、つよく影響を与えているはずなのだ。


 自戒を込めて言えば、社会学者はどうしてもこうした外的な規定要因を無視して、直接的にコミュニケーションやアイデンティティーそのものを論じてしまいやすい傾向があり、この点は本書を読んで深く反省させられた次第である。


 では逆に、本書に対して何かリクエストする点があるとすれば、それは以下のような点であろうか。


 すなわち、社会学的な男性性研究でも同様なのだが、フェミニズムに対する応答として男性学が勃興した経緯からして、研究内容が、どうしてもセクシャルマイノリティからの異議申し立てに偏りがちなのは事実であろう(本書も同様である)。


 もちろんそれはそれで重要な研究なのだが、それと同時に、マジョリティ男性が作り上げてきた空間と男性性の実態も正面切って堂々と記述してほしいように思われる。


 それは著者だけにではなく、他の研究者でも構わないのだが、我々が今まで当たり前だと思っていたものが、ようやく当たり前ではないと認識しやすい時代になりつつあるので、この現代社会が、いかにマジョリティ男性を中心として作られてきた空間であるのか、そのことを相対化しながら記述をしていく、そんなアプローチが今後も継続されていくと非常に面白いと思う。


 本書は、ぜひ学問分野をまたいだ共同研究を構想してみたくなる、そんな魅力ある一冊であった。


→bookwebで購入