ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 後期教養学部 | メイン | 文学部 »

2011年07月11日

『いま平和とは』最上敏樹(岩波新書)

いま平和とは
最上敏樹

教育学部・男性

→bookwebで購入

いま平和とは

1.この本との出会いはいつですか?

浪人時代の世界史の授業で薦められては購入しました。

2.どんな内容の本ですか?

平和について様々な事例を通じて読者とともに考え示唆を与える。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

こうしなければならない、という押し付けの平和ではないところ。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

漠然と平和を考える人は多いが、なぜ?と問われて詰まる人も多い。
そんな中この本を読んだことで平和について頭の中が整理されたような気がします。

『ぶらんこ乗り』いしいしんじ(新潮文庫)

ぶらんこ乗り
いしいしんじ

教育学部・女性

→bookwebで購入

ぶらんこ乗り

1.この本との出会いはいつですか?

中学の読書感想文の宿題のために、本を探していた時、たまたま本屋で手に取った一冊です。

2.どんな内容の本ですか?

『ぶらんこ乗り』は、弟の古いノートを見つけた姉が、過去を振り替える形で物語が展開します。弟はお話を作るのが得意で、指を鳴らすのが上手な男の子。幼き頃の弟の思い出が、彼の作ったお話とともに描かれます。そして物語は現在へと繋がります。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

弟の人物像と、彼の作るお話が魅力的です。弟がとても愛しく感じられます。また、謎めいていて、どこか残酷な彼のお話は、読み手によって解釈は異なると思います。物語の中に謎が残されているから、読者一人一人に思うところを与えるのだと思います。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

この作家さんの書き方に由来するのか、この本の内容や、読後の感想をうまく表すのは難しいです。単に、「感動した!」とか、「おもしろかった!」とも違って、読んでみて新鮮な印象を受けました。本当に人それぞれだと思うので、まず一読してみてください。

『永遠の放課後』三田誠広(集英社文庫)

永遠の放課後
三田誠広

教育学部・男性

→bookwebで購入

永遠の放課後

1.この本との出会いはいつですか?

去年の夏、高校時代が懐かしくなり、ブックオフで出会い購入した。しかしタイトルでイメージしたような爽やかな懐かしみある小説というわけではなかった。

2.どんな内容の本ですか?

大学生の僕は中学の頃から幼なじみに恋をしていた。しかし親友も同じく思いを寄せていることを知りいいだせずにいた。青春が音楽を中心に語られて行く。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

青春の危うさと切なさ。壊れないからこそ純粋に楽しめた。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

なにかが変わる、ということはなかった。自分との接点も、リアル感も少なかったが、だからこそその世界に入り込み楽しめた。

『学歴社会の法則 教育を経済学から見直す』荒井一博(光文社新書)

学歴社会の法則
教育を経済学から見直す
荒井一博

教育学部・男性

→bookwebで購入

学歴社会の法則 教育を経済学から見直す

1.この本との出会いはいつですか?

去年の春頃、駒場の生協で

2.どんな内容の本ですか?

「子の学歴を上げるのは父か母か」、「少人数学級は学力を高めるのか」「なぜ大卒の給料は高卒の1.5倍なのか」など、主に経済的な面から、様々な角度から学歴社会の仕組みを示してくれる

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

漠然としか考えていなかった学歴社会の仕組みについて、明瞭な見解を与えてくれた

4.この本からどのような影響を受けましたか?

もともと教育関係に興味があったが、将来教育を変えたいなと思わされた

『「東大に入る」ということ 「東大を出る」ということ』中島敏 平林慶史 出雲充(プレジデント社)

「東大に入る」ということ「東大を出る」ということ
中島敏 平林慶史 出雲充

教育学部・男性

→bookwebで購入

「東大に入る」ということ 「東大を出る」ということ

1.この本との出会いはいつですか?

大学2年の夏

2.どんな内容の本ですか?

東大に入ったひとの話

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

いろんな人生あるんだなーと思えるところ

4.この本からどのような影響を受けましたか?

やっぱレールのってるだけやとおもんないなー

『武道的思考』内田樹(筑摩選書)

武道的思考
内田樹

教育学部・男性

→bookwebで購入

武道的思考

1.この本との出会いはいつですか?

去年の10月(本が出版された時)

2.どんな内容の本ですか?

内田樹のブログ記事のうち、武道に関するものを自身でセレクトして集めたもの。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

私自身が武道をやっていたこともあり、とても読みやすい。本を通したテーマは武道に関することだが、それをもとにして、様々なことについて内田自身の考え方が分かる本で面白い。武道に興味がなくても、すんなりと読める本だと思う。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

この本を読んで普段の生活に何か影響が出たか、と言われると、たぶん、ないです(笑)ただ、武道ってこういうものだよなぁ、っていうのを再認識できたし、普段からそういうことを頭の片隅に置いておくことができればいいなぁ、と思う。

『風の中のマリア』百田尚樹(講談社)

風の中のマリア
百田尚樹

教育学部・女性

→bookwebで購入

風の中のマリア

1.この本との出会いはいつですか?

大学2年のとき。

2.どんな内容の本ですか?

蜂の生き様を描いた小説。一族の繁栄のために生きる蜂のシビアな世界が蜂目線で描かれている。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

蜂の生態についての知識が得られるとともに生きるということの意味を考えさせられるところ。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

人間は蜂よりも個人の一生の充実が重視されているが、我々も個人の人生を生きるだけでなく、人類という長い歴史の一部を作っているのではないか。

『文鳥・夢十夜・永日小品』夏目漱石(角川文庫クラシックス)

文鳥・夢十夜・永日小品
夏目漱石

教育学部・男性

→bookwebで購入

文鳥・夢十夜・永日小品

1.この本との出会いはいつですか?

去年の秋
『永日小品』の中の一つ「モナリサ」という作品にふれる機会があって、興味を持ったので買ってみました。

2.どんな内容の本ですか?

夏目漱石の作品が複数おさめられています。
『永日小品』は短篇集です。いわゆる綺譚集と考えてもらえばいいと思います。一作品、10分もあれば読めます。
『夢十夜』も短篇集です。その名の通り十通りの夢の話です。物語ごとに世界観が全く違っておもしろいです。教科書にも採用されているとか。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

文章がきれいだから好きです。漱石の長編の代表作はいくつか読んでいましたが、この作品はそういったものとは少し異質で面白いと思います。
永日小品は「暖かい夢」が一番好きです。ちなみに初版の装丁がきれいで好きです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

以前は短篇集を好んで読まなかったのですが、これを読んで以来、短い文章で一気に作品の世界に引き込む魅力を知りました。

『文明としての教育』山崎正和(新潮新書)

文明としての教育
山崎正和

教育学部・男性

→bookwebで購入

文明としての教育

1.この本との出会いはいつですか?

大学2年生の春

2.どんな内容の本ですか?

文明と、その中における教育について西洋と東洋、それぞれについて時代ごとに言及し、現代の日本の教育の問題や課題を論じている

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

ざっくりと教育の歴史について理解できる点と、現代の日本の教育の問題点や、どのような改革が望ましいかが分かる点

4.この本からどのような影響を受けましたか?

自分が今まで当然のように受けてきた教育が、実は長い歴史の結果として存在するものであるという見方をするようになり、教育を以前より相対化してとらえる視点を得た