ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 理学部 | メイン | 薬学部 »

2011年07月11日

『アルケミスト』パウロ・コエーリョ(角川文庫)

アルケミスト
パウロ・コエーリョ

経済学部・男性

→bookwebで購入

アルケミスト

1.この本との出会いはいつですか?

2年生の4月。某ゼミの課題図書でした。

2.どんな内容の本ですか?

人生の全てが詰まっています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)、
4.この本からどのような影響を受けましたか?

「心の声を聞き、心と対話し、自分の人生を生きる」

心の声に従い、自分の夢やロマンを追い求めること。それは、もう既に心に書かれたこと(使命)でありそれを見つけ追い求めること。そして、夢を追いかけることは、選ぶことの連続でもある。それは何かを捨てること。結果は自己責任。失敗への恐れやリスクが頭をよぎるけども、自分にとっての宝物のために、ぶれずに突き進む。

真剣に本気で取り組めば、サポーター(王様、錬金術師)が現れ、夢を形にできるはず。でも、本人は孤独。頼れるは心のみ。だから、ぶれないためにも道しるべとなる心と対話してください。

『ヤバい経済学』スティーブン・D・レヴィット、スティーブン・J・ダブナー(東洋経済新報社)

ヤバい経済学
スティーブン・D・レヴィット、スティーブン・J・ダブナー

経済学部・男性

→bookwebで購入

ヤバい経済学

1.この本との出会いはいつですか?

高1くらい

2.どんな内容の本ですか?

世の中の常識みたいなものを、疑ってみちゃう本

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

経済学スゲーって言っておきながら地味に経済学下らねwwって言ってるところ。経済学の常識も疑ってる感じです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

読んだ時はなんだこりゃww経済学部なんて絶対いかねwwって思いましたが、受験終わった後に再び読み、今では経済学部金融学科で勉強しています。世の中よくわかりませんね。

『花腐し』松浦寿輝(講談社文庫)

花腐し
松浦寿輝

経済学部・男性

→bookwebで購入

花腐し

1.この本との出会いはいつですか?

大学1年のフランス語の授業中。

2.どんな内容の本ですか?

小説。卯の花腐しとは万葉集に出てくる表現で、ウツギの花が咲く頃の長雨のこと。にわか地上げ屋の栩谷と追い立てられる側の伊関とのやりとり、栩谷の心情描写が中心。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

日常ではひた隠しにされているが誰しも大学生までには経験するであろう、生と性、そのセットとしての死に対する衝動を、長雨に腐る花の馥(かお)りとカビの臭いが漂う世界に暴いているところ。かな。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

一緒に鼻母音の発音練習をした先生がこんな小説を書くなんて、まずびっくり。映画論の講義を受けた今となってはそうでもないけれど。本屋さんでよく売れるような、何か日常ならぬ事件が起きる小説でも、読んだら幸せハッピーお花畑になれる小説でも、ドキドキハラハラミステリーでもないけれど、何度も読みたくなってしまう。今まで、アタリマエ、絶対だと信じていたものが相対的なものだとわかって、しかもそれを空白感の言い訳にしてしまうような頭デッカチの大学生は、一度手にとってみては。Twitterに死にたいなんてつぶやく前にね。以上、質問を無視した感想でした。

『競争の作法』斉藤誠(ちくま新書)

競争の作法
斉藤誠

経済学部・男性

→bookwebで購入

競争の作法

1.この本との出会いはいつですか?

3月頃に駒場キャンパスの書籍部で。友達に紹介してもらいました。

2.どんな内容の本ですか?

前半はリーマンショックや失われた10年、戦後最長の景気について分析している。
後半は日本経済を立て直し、本当の豊かな幸福を手に入れるために、一人一人の向き合い方を提案している。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

様々な経済の出来事をしっかり数値などを用いて分析していて説得力があった。 難しい経済の問題を身の回りのものとして扱っており、詳しい知識を持っていなくても読めるようになっている。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

マスコミの情報に踊らされることなく、しっかりと自分で観察し、考え、行動する(著者は経済状況と間合いをとる、と表現)ことの重要性を知った。
また現在の危機的状況だからこそ、物事の本質を見抜く能力が必要であると書いてあり、もっと勉強しなくてはと感じた。

『経済学の考え方』宇沢弘文(岩波新書)

経済学の考え方
宇沢弘文

教育学部・男性

→bookwebで購入

経済学の考え方

1.この本との出会いはいつですか?

一年生の初め

2.どんな内容の本ですか?

経済学の考え方の変遷

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

薄い中に経済学の考え方が体系的にまとまっている

4.この本からどのような影響を受けましたか?

経済学を学ぼうと決心した

『古代ローマ人の24時間』アルベルト・アンジェラ(河出書房新社)

古代ローマ人の24時間
アルベルト・アンジェラ

経済学部・女性

→bookwebで購入

古代ローマ人の24時間

1.この本との出会いはいつですか?

今年の3月頃、丸の内オアゾの丸善をぶらぶらしていたときにふと目に留まった。
元々塩野七生の「ローマ人の物語」を読んでいたこともあって、興味を持ち衝動買い。

2.どんな内容の本ですか?

紀元前115年、古代ローマの全盛期のとある1日の人々の日常生活、市場の様子、剣闘士の白熱した試合、夜の饗宴の様子などを時系列で描く。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

「ローマ史」というとともすれば政治や戦争の重厚なストーリーのが浮かぶが、これは古代ローマの「ふつうのひとびと」の話である点。
描写がとても丁寧かつリアルで、実際に筆者が街を探索しているように書かれているので、目の前に古代ローマの街並みが広がりローマ人と共に一日を過ごしている感覚を味わえる。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

大学卒業までに絶対にローマに行くと固く決意しました(笑)

『詐欺とペテンの大百科』C・シファキス(青土社)

詐欺とペテンの大百科
C・シファキス

経済学部・男性

→bookwebで購入

詐欺とペテンの大百科

1.この本との出会いはいつですか?

大学1年の夏。ふらっと立ち寄った駒場書籍部にて表紙の「真実は虚偽に敗れつづける」のフレーズに訳もなく惹かれ値段も見ずに即買い。

2.どんな内容の本ですか?

タイトル通り。軽い悪戯から天才的なものまで、歴史上の全ての騙しの手口の詳細を紹介している大百科。ブラックで胡散くさい本だと敬遠せず是非手に取って読んでみてほしい。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

小学生の頃、怪盗ルパンに憧れていた。決して犯罪そのものに憧れていた訳ではない。その天才的な頭脳と大胆な行動力で華麗に悪党を騙し盗み出すさまに覚えるカタルシスと知的好奇心がたまらなかった。当時の感情の高まり、わくわくがこの本を読んでいると感じられる。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

現代社会には嘘が横行している。人は1時間に平均して3回嘘をつくと聞いたことがある。某ネット掲示板では「嘘を嘘と見抜けない人はここは使わないほうがいい」とも言われている。嘘を見抜くためのハウツー本ではこの本は決してないが、読むことで訳者あとがきにもあるように人はなぜ騙し騙されるのかというテーマについて考えることができ、考えることによって少しだけ世の中を冷静に見ることができるようになったのではないかと思っている。よし誰か騙してやろうなどと意気込むことはないと思う…たぶん笑

『女生徒』太宰治(角川文庫)

女生徒
太宰治

経済学部・女性

→bookwebで購入

女生徒

1.この本との出会いはいつですか?

大学1年生の春。

2.どんな内容の本ですか?

短編集で、どの短編も女性一人称で書かれています。みんな夢見がちだけど、心のどこかで現実の残酷さに気づいている、あるいは現実を直視しなければならない状況にあります。そんな彼女たちの心情が、太宰治の綺麗な日本語で上手に描き出されています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

わたしのすきな描写を紹介します。
「おやすみなさい。私は、王子さまのいないシンデレラ姫。あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?もう、ふたたびお目にかかりません。」

4.この本からどのような影響を受けましたか?

この本は、イギリスへの旅行中、電車の中などの移動中に読みました。
西洋の国で純日本文学を読むというミスマッチさが何とも心地よく、まるで女生徒に出てくる女性のように、イギリスで1人酔いしれていました。
このようにこの本は、わたしが成長していく中でなくしかけていた夢見る気持ちを思い出させてくれました。

『星の王子さま』サン・テクジュぺリ(岩波書店)

星の王子さま
サン・テクジュぺリ

経済学部・女性

→bookwebで購入

星の王子さま

1.この本との出会いはいつですか?

小学校1年生

2.どんな内容の本ですか?

小さな星に住む王子様が、いろいろな星を旅して、地球に訪れたあとに、自分の星に帰っていくお話。
旅の途中でさまざまな大人に出会い、疑問を感じるなかで、大切なことに気付いていく。
物語は、そんな王子様に、アフリカの砂漠に不時着した主人公がばったり出会うところから始まる。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

挿絵がすてきなところ。特にバオバブの絵がすてき。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

大切なことを見失わないように生きたいと思った。

『存在の耐えられない軽さ』クンデラ(河出書房新社)

存在の耐えられない軽さ
クンデラ

経済学部・男性

→bookwebで購入

存在の耐えられない軽さ

1.この本との出会いはいつですか?

高校3年の秋

2.どんな内容の本ですか?

プラハの春の頃のボヘミアで、政治情勢に翻弄男女4人の恋愛物語、とストーリーだけ要約すればこうなりますが、実際はストーリーはおまけで哲学書にちかいです

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

いきなりニーチェの永劫回帰についてからはじまる最初の2ページのような、著者クンデラが半ば唐突に披露する考察が、鋭く刺激的

4.この本からどのような影響を受けましたか?

人生観を180゜とは言いませんが、何十度かは変えられたと思います

『名画を見る目』高階秀爾(岩波新書)

名画を見る目
高階秀爾

経済学部・男性

→bookwebで購入

名画を見る目

1.この本との出会いはいつですか?

高校卒業後、大学入学前

2.どんな内容の本ですか?

英文を読むために文法があるように、絵画を「よむ」ための文法がある、ということを、具体例を用いて解説してくれる本。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

初心者も絵に入り込みやすいように丁寧に説明がされていて、美術館を少し楽しめるようになった。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

絵画には、その描き手の思想が投影されているという当たり前のことに気づいた。