ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 教育学部 | メイン | 法学部 »

2011年07月11日

『エグザイルス すべての旅は自分へとつながっている』ロバート・ハリス(講談社プラスアルファ文庫)

エグザイルス
すべての旅は自分へとつながっている
ロバート・ハリス

文学部・男性

→bookwebで購入

エグザイルス すべての旅は自分へとつながっている

1.この本との出会いはいつですか?

2011年4月下旬

2.どんな内容の本ですか?

青春時代をヒッチハイク旅行に費やした著者の自叙伝。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

人生は旅というぶっ飛んでて胡散臭い物の見方が何の抵抗もなく受け入れられる。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

人生面白く生きたいと心から思えるようになった。

『クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国』桑葉みどり(集英社文庫)

クアトロ・ラガッツィ
天正少年使節と世界帝国
桑葉みどり

文学部・女性

→bookwebで購入

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国(上巻) →bookwebで購入

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国(下巻) →bookwebで購入

『会うまでの時間』俵万智(文芸春秋)

会うまでの時間
俵万智

文学部・男性

→bookwebで購入

会うまでの時間

1.この本との出会いはいつですか?

高2のころに俵万智さんの他の歌集を図書館で見つけてよく読んでいたのですが、その後自選歌集があることを知って買おうと思いました。実際に買ったのは大学に入ってからです笑

2.どんな内容の本ですか?

俵万智さんの自選歌集です。『サラダ記念日』から『チョコレート革命』までの1400首あまりの中から400首ほどが選ばれています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

定型のリズムがとても自然で、読みやすいことが俵さんの短歌の大きな魅力だと思います。恋の歌なんか実際の場面でふと思い出してしまったりします笑

4.この本からどのような影響を受けましたか?

影響と言われると答えにくいですが、私が初めて買った歌集で、現代短歌に興味を持つきっかけになりました。

『犬 他一篇』中勘助(岩波文庫)

犬 他一篇
中勘助

文学部・女性

→bookwebで購入

犬 他一篇

1.この本との出会いはいつですか?

この春休み

2.どんな内容の本ですか?

・大正時代の小説、舞台は古代インド。
・バラモン僧は呪術によって愛する女性と自分を犬の姿に変えてしまう。男女の情愛を暴力的に描いた短編。
・その内容から発表当時は発禁処分を受け、二年後に出版されたときも伏字だらけだった。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

・大正時代に書かれたとは思えない読みやすさ。
・なんてグロテスク。なんてエロティック。それでも真摯な筆致。
・奈落の底に落ちていく「愛」

4.この本からどのような影響を受けましたか?

この物語は話の都合上(そもそも登場人物が犬なので)、映像化・舞台化できない。
言葉でしか表現されえない強烈なイメージというものを信じるきっかけになった。

『西の魔女が死んだ』梨木香歩(新潮文庫)

西の魔女が死んだ
梨木香歩

文学部・女性

→bookwebで購入

西の魔女が死んだ

1.この本との出会いはいつですか?

タイトルは前から知っていて、去年の冬あたりにたまたま古本屋で発見しました。

2.どんな内容の本ですか?

学校に行けない女の子が「魔女」である祖母のもとで生活をする。自らも「魔女修業」をしながら、自然のなかで暮らすうちに、次第に少女の心は癒されていく、というお話です。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

野苺のジャムを作ったりハーブを植えたりする少し日本離れした雰囲気の生活がすごく魅力的でした。そんな中で、主人公の少女の迷いや葛藤に自分の幼い頃を思い出してとても共感しました。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

改めて家族は大切にしなくてはと思いました。加えて、自然に囲まれた田舎暮らしへの憧れがますます強まりました。

『武士道シックスティーン』誉田哲也(文春文庫)

武士道シックスティーン
誉田哲也

文学部・男性

→bookwebで購入

武士道シックスティーン

1.この本との出会いはいつですか?

今年の2月頃

2.どんな内容の本ですか?

剣道×女子高生。武道青春エンターテイメントなお話。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

軽やかでユーモラスな語り口でスラスラ読める。ヒロインの2人が剣道を通じて成長していく姿が微笑ましく、爽やかで快哉とした読後感。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

小中高と打ち込んだ剣道に懐かしみを覚えつつ、武道の厳しさと温かさを再認識できた。「失敗への不安と好きな気持ちを天秤にかけたらいいさ」のような、作中の人生論的な部分も頷けることが多くある。