ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 文学部 | メイン | 理学部 »

2011年07月11日

『寝ながら学べる構造主義』内田樹(文春新書)

寝ながら学べる構造主義
内田樹

法学部・男性

→bookwebで購入

寝ながら学べる構造主義

1.この本との出会いはいつですか?

1年生の冬に、当時入っていたストリートダンスサークルの理系の友人に勧められて出会いました。

2.どんな内容の本ですか?

一見とっつきにくい構造主義というものについて、とてもわかりやすく解説した本です。
構造主義は、学問上の概念というよりは私たちの思考方法を規定している現実的な概念です。
大学でものを考えるに当たり、知っておいて損はない内容です。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

本来は難解なはずの概念をわかりやすく説明してくれているところ。
「ふむふむ」と頷きながらどんどん読み進められてしまうところ。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

ものごとを考えるときに、構造主義的な偏見を理解することができるようになりました。
例えば常識かもしれませんが、本にもあった例として「我々は日本人だ、というような国民概念は近代の産物であり、近代より前の人達は全く国民概念を持っていなかったにも拘わらず、私たちは神話や伝記などの力を借りてあたかも有史以来その国がずっと存在していたかのように捉えてしまっている」ということなどです。

『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎(新潮文庫)

オーデュボンの祈り
伊坂幸太郎

法学部・女性

→bookwebで購入

オーデュボンの祈り

1.この本との出会いはいつですか?

大学1年のとき

2.どんな内容の本ですか?

伊藤と変な島のカカシの話。伊坂さんのデビュー作です。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

軽く読めて楽しく暇を潰せるところ

4.この本からどのような影響を受けましたか?

仙台に興味がわきました

『シーシュポスの神話』カミュ(新潮文庫)

シーシュポスの神話
カミュ

法学部・男性

→bookwebで購入

シーシュポスの神話

1.この本との出会いはいつですか?

本との出会いは大学1年の時

2.どんな内容の本ですか?

ギリシア神話に寓して不条理に関して論じた哲学的エッセイ。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

不条理や死という、哲学的で難解な考察を行うため少し読みにくい部分もあるが、ところどころでカミュ本人の人柄が見え隠れする部分。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

自分の生の意義に着地点を見い出す上で役立った。

『一九八四年』ジョージ・オウェル(ハヤカワ文庫)

一九八四年
ジョージ・オウェル

法学部・男性

→bookwebで購入

一九八四年

1.この本との出会いはいつですか?

去年の今ごろ

2.どんな内容の本ですか?

地方(現在のオセアニアとは異なります)で、体制に疑問を抱く主人公が体制の真相を突き止めようとするが…

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

物語は一筋縄では進行しません。良い意味でも悪い意味でも裏切られます。インターネットが高度に発達している現代からするとちょっと現実味があるあたりも面白いです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

政治、世の中を見る時の新しい視点をもらった気がします。

『陰翳礼讃』谷崎潤一郎(中公文庫)

陰翳礼讃
谷崎潤一郎

法学部・女性

→bookwebで購入

陰翳礼讃

1.この本との出会いはいつですか?

中学三年のとき、古文の先生に薦めていただきました。

2.どんな内容の本ですか?

短編集なのですが、私は本のタイトルにもなっている、陰翳礼讃という文章が特に好きなのでその文章についてお話しします。
日本文化の美しさを、光と闇の使い方に焦点を当てて説いています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

表現が丁寧で美しいところが好きです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

元々好きだった日本の文化を見つめ直すきっかけをもらい、さらに深く学ぶようになりました。

『幸福な食卓』瀬尾まいこ(講談社)

幸福な食卓
瀬尾まいこ

法学部・女性

→bookwebで購入

幸福な食卓

1.この本との出会いはいつですか?

中学生くらいの時。学校の図書館で借りました。

2.どんな内容の本ですか?

ふつうの家族とはちょっと違う家族をもつ主人公の、温かくて、ちょっぴりせつない話。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

瀬尾まいこさんの小説はどれでもそうですが、ひとの心のやわらかい部分に訴えかけてくるなにかがあります。あとあたりまえの日常が描かれてるので親近感がわきます。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

影響ではないけれど、日常の一瞬一瞬がどれだけ美しく尊いか、そして人を愛するやわらかい悲しみを感じる本です。

『自由の牢獄』ミヒャエル・エンデ(岩波現代文庫)

自由の牢獄
ミヒャエル・エンデ

法学部・女性

→bookwebで購入

自由の牢獄

1.この本との出会いはいつですか?

この本に出会ったの自体は大学に入ってからでしたが、筆者ミヒャエル・エンデとは小学生からの付き合いです。彼の作品は、子供と大人の区別を付けない。本質を突く。

2.どんな内容の本ですか?

短編集で、読みやすいです。一見単純に見えるものの裏にメッセージが隠れています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

「自由の牢獄」って、どういうことなんでしょう?
この本の中で私たちは、幾つかのことを「経験」することになります。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

想像力、ポエジーについて。
表面的な物の見方の逆転。

『世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか』菅原琢(光文社新書)

世論の曲解
なぜ自民党は大敗したのか
菅原琢

法学部・男性

→bookwebで購入

世論の曲解

1.この本との出会いはいつですか?

大学1年の時、当時のゼミの先生の本が発売されたので。

2.どんな内容の本ですか?

日本政治についてメディアで語られる『通説』の真偽を、実証政治学の見地から検証したもの。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

説明がデータに基づいた論理的なものなのですごく納得できる。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

政治に限らず、物事を抽象的イメージだけでなく具体的な根拠に基づいて考えようと意識するようになった。

『哲学の謎』野矢茂樹(講談社現代文庫)

哲学の謎
野矢茂樹

法学部・男性

→bookwebで購入

哲学の謎

1.この本との出会いはいつですか?

高校2年。まだ世界の当たり前を当たり前と思いきれることのない時期。

2.どんな内容の本ですか?

認知系を中心に哲学の初歩的な知見を俯瞰してくれます。世界って存在するのでしょうか。自分って誰ですか。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

難解な印象を与えがちな哲学をわかりやすく解説してくれますよ。また広く浅い感じなので自分の興味のある分野だけ読んでめいいて思います。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

いつのまにか当然だと見なしていたものを、もう一度なぜ?の領域に引きずり戻してくれます。

『日本語の年輪』大野晋(新潮文庫)

日本語の年輪
大野晋

法学部・男性

→bookwebで購入

日本語の年輪

1.この本との出会いはいつですか?

浪人時代。予備校講師に薦められて。

2.どんな内容の本ですか?

それぞれの語の歴史や文化的背景を述べています。巻末では、「ひとつひとつの言葉の生まれて死んでいったところ」として日本語全体の歴史が述べられています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

言葉が人間を作り、人間が言葉を作っていく。そんな言葉と人間が持つ力を実感できる本です。同時に、考え方や思想など日本人のあり方が浮き彫りにされていて、より深く日本人を理解でき、日本人を好きになれます(少なくとも僕は)。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

分を見つめ直すことができました。日本人を理解するだけでなく、自分を理解するのにすごく役立ったと思います。

『武士道』新渡戸稲造(岩波文庫)

武士道
新渡戸稲造

法学部・男性

→bookwebで購入

武士道

1.この本との出会いはいつですか?

受験期

2.どんな内容の本ですか?

日本人に通底する精神、考え方などを外国人向けに紹介した本

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

英語の原文と和訳を見くらべながら読み進められるところ。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

他人や自分に対しての新しい視座ができた。

『名著に学ぶ 国際関係論』花井等・石井貫太郎(有斐閣コンパクト)

名著に学ぶ 国際関係論
花井等・石井貫太郎

法学部・男性

→bookwebで購入

名著に学ぶ 国際関係論

1.この本との出会いはいつですか?

大学一年になったときです。

2.どんな内容の本ですか?

国際関係の入門書みたいなもので、20数人の著作について軽く触れられている本です

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

学問の入門的な本なので、読みやすいところです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

それまでは不透明であった、国際関係論というのが、わずかながらどのような学問的位置付けにあるのかを知ることが的ました。また、高校の歴史とかで取り上げられ、名前は聞いたことあるのに、何をしたのか(どんな著書を書き、どのようなことを述べていたのか)といっとことの概要を知ることができたようにおもいます。

『国家の命運』薮中三十二(新潮新書)

国家の命運
薮中三十二

法学部・男性

→bookwebで購入

国家の命運

1.この本との出会いはいつですか?

先月

2.どんな内容の本ですか?

自身の外交交渉の経験をもとに世界から見た日本、日本が世界で渡り歩いていくための指針を提示している。また、交渉について外交官だけでなくとも使えるルールを示している。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

「若者は海外へ出ろ」と闇雲に言う人が多い中、筆者は自己の経験と筋道の通った論理をもって説得的に私たちに語りかけてくれるところが好き。また、ゼミで交渉の勉強もしているので、外交交渉についての経験談はかなり参考にさせてもらった。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

交渉場面で実際に使えるように薮中氏の提示する方法を意識した。外交官でなくとも、何か外国と接触する仕事をしてみたいと思った。