ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『MAP OF THE INVISIBLE WORLD』Aw. Tash | メイン | 『文鳥・夢十夜・永日小品』夏目漱石(角川文庫クラシックス) »

2011年07月11日

『文明としての教育』山崎正和(新潮新書)

文明としての教育
山崎正和

教育学部・男性

→bookwebで購入

文明としての教育

1.この本との出会いはいつですか?

大学2年生の春

2.どんな内容の本ですか?

文明と、その中における教育について西洋と東洋、それぞれについて時代ごとに言及し、現代の日本の教育の問題や課題を論じている

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

ざっくりと教育の歴史について理解できる点と、現代の日本の教育の問題点や、どのような改革が望ましいかが分かる点

4.この本からどのような影響を受けましたか?

自分が今まで当然のように受けてきた教育が、実は長い歴史の結果として存在するものであるという見方をするようになり、教育を以前より相対化してとらえる視点を得た

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4516