ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『文明としての教育』山崎正和(新潮新書) | メイン | 『風の中のマリア』百田尚樹(講談社) »

2011年07月11日

『文鳥・夢十夜・永日小品』夏目漱石(角川文庫クラシックス)

文鳥・夢十夜・永日小品
夏目漱石

教育学部・男性

→bookwebで購入

文鳥・夢十夜・永日小品

1.この本との出会いはいつですか?

去年の秋
『永日小品』の中の一つ「モナリサ」という作品にふれる機会があって、興味を持ったので買ってみました。

2.どんな内容の本ですか?

夏目漱石の作品が複数おさめられています。
『永日小品』は短篇集です。いわゆる綺譚集と考えてもらえばいいと思います。一作品、10分もあれば読めます。
『夢十夜』も短篇集です。その名の通り十通りの夢の話です。物語ごとに世界観が全く違っておもしろいです。教科書にも採用されているとか。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

文章がきれいだから好きです。漱石の長編の代表作はいくつか読んでいましたが、この作品はそういったものとは少し異質で面白いと思います。
永日小品は「暖かい夢」が一番好きです。ちなみに初版の装丁がきれいで好きです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

以前は短篇集を好んで読まなかったのですが、これを読んで以来、短い文章で一気に作品の世界に引き込む魅力を知りました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4515