ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『学歴社会の法則 教育を経済学から見直す』荒井一博(光文社新書) | メイン | 『ぶらんこ乗り』いしいしんじ(新潮文庫) »

2011年07月11日

『永遠の放課後』三田誠広(集英社文庫)

永遠の放課後
三田誠広

教育学部・男性

→bookwebで購入

永遠の放課後

1.この本との出会いはいつですか?

去年の夏、高校時代が懐かしくなり、ブックオフで出会い購入した。しかしタイトルでイメージしたような爽やかな懐かしみある小説というわけではなかった。

2.どんな内容の本ですか?

大学生の僕は中学の頃から幼なじみに恋をしていた。しかし親友も同じく思いを寄せていることを知りいいだせずにいた。青春が音楽を中心に語られて行く。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

青春の危うさと切なさ。壊れないからこそ純粋に楽しめた。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

なにかが変わる、ということはなかった。自分との接点も、リアル感も少なかったが、だからこそその世界に入り込み楽しめた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4509