ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『永遠の放課後』三田誠広(集英社文庫) | メイン | 『いま平和とは』最上敏樹(岩波新書) »

2011年07月11日

『ぶらんこ乗り』いしいしんじ(新潮文庫)

ぶらんこ乗り
いしいしんじ

教育学部・女性

→bookwebで購入

ぶらんこ乗り

1.この本との出会いはいつですか?

中学の読書感想文の宿題のために、本を探していた時、たまたま本屋で手に取った一冊です。

2.どんな内容の本ですか?

『ぶらんこ乗り』は、弟の古いノートを見つけた姉が、過去を振り替える形で物語が展開します。弟はお話を作るのが得意で、指を鳴らすのが上手な男の子。幼き頃の弟の思い出が、彼の作ったお話とともに描かれます。そして物語は現在へと繋がります。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

弟の人物像と、彼の作るお話が魅力的です。弟がとても愛しく感じられます。また、謎めいていて、どこか残酷な彼のお話は、読み手によって解釈は異なると思います。物語の中に謎が残されているから、読者一人一人に思うところを与えるのだと思います。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

この作家さんの書き方に由来するのか、この本の内容や、読後の感想をうまく表すのは難しいです。単に、「感動した!」とか、「おもしろかった!」とも違って、読んでみて新鮮な印象を受けました。本当に人それぞれだと思うので、まず一読してみてください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4508