ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『五分後の世界』村上龍(幻冬舎文庫) | メイン | 『永遠平和のために/啓蒙とは何か』カント(光文社古典新訳文庫) »

2011年07月11日

『犠牲 わが息子・脳死の11日』柳田邦男(文春文庫)

犠牲
わが息子・脳死の11日
柳田邦男

後期教養学部・女性

→bookwebで購入

犠牲 わが息子・脳死の11日

1.この本との出会いはいつですか?

高2のとき

2.どんな内容の本ですか?

命・家族・自我・脳死などさまざまなテーマに対する著者の再考。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

高校のときにはじめて読んだのと関係してくると思うのだが、この本で当時の私にとって斬新である考え方に出会い、思考が一冊を読むだけでかなり広がったという印象が強くて…そしてこの本に漂う虚無な雰囲気が好きです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

(高校卒業してから日本に留学しに来たので、最初は母国語で読みました。)いろいろな文脈で多数の文学作品を紹介するこの本を読んではじめて日本の文学に興味を持つようになり、しかも日本語を勉強するきっかけの一つでもあるので、いまの留学生活につながる一冊でした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4502