ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『キケン』有川浩(新潮社) | メイン | 『名画を見る目』高階秀爾(岩波新書) »

2011年07月11日

『GO』金城一紀(角川文庫)

GO
金城一紀

後期教養学部・女性

→bookwebで購入

GO

1.この本との出会いはいつですか?

存在を知ったのは、この本が映画になった当初。両親が見ていました。
その後高校のプログラムでこれの劇を見たのが最初で、
それでストーリーは知っていたけれど読むこともなく過ごし
大学に入って友達とやっている読書会で読むことになって買いました。

2.どんな内容の本ですか?

いわゆる「在日」である主人公が、「日本人」の女の子と恋に落ちて
自分とはなにかについて悩みながら疾走する青春物語。笑

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

まず最初に、冒頭に出てくるロミオとジュリエットの引用が上手い。
「名前って何?バラと呼んでいる花を別の名前にしてみても美しい香りはそのまま」
日本名と韓国名の二つを持つことの多い在日の苦悩を上手く表してるんじゃないかな。
小さい頃から日本に住んでいる私も当初は名前コンプレックスが激しかったこともありなんだか感慨深くなって、すごく読みたくなりました。
他には、やっぱりするすると読み進められる文体がすばらしいです。
好きな表現も目白押しで、読ませる、感じさせる、読後に考えさせる力があるなと思います。
月並みですが、こんなところで。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4497