ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『GO』金城一紀(角川文庫) | メイン | 『存在の耐えられない軽さ』クンデラ(河出書房新社) »

2011年07月11日

『名画を見る目』高階秀爾(岩波新書)

名画を見る目
高階秀爾

経済学部・男性

→bookwebで購入

名画を見る目

1.この本との出会いはいつですか?

高校卒業後、大学入学前

2.どんな内容の本ですか?

英文を読むために文法があるように、絵画を「よむ」ための文法がある、ということを、具体例を用いて解説してくれる本。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

初心者も絵に入り込みやすいように丁寧に説明がされていて、美術館を少し楽しめるようになった。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

絵画には、その描き手の思想が投影されているという当たり前のことに気づいた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4496