ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『存在の耐えられない軽さ』クンデラ(河出書房新社) | メイン | 『女生徒』太宰治(角川文庫) »

2011年07月11日

『星の王子さま』サン・テクジュぺリ(岩波書店)

星の王子さま
サン・テクジュぺリ

経済学部・女性

→bookwebで購入

星の王子さま

1.この本との出会いはいつですか?

小学校1年生

2.どんな内容の本ですか?

小さな星に住む王子様が、いろいろな星を旅して、地球に訪れたあとに、自分の星に帰っていくお話。
旅の途中でさまざまな大人に出会い、疑問を感じるなかで、大切なことに気付いていく。
物語は、そんな王子様に、アフリカの砂漠に不時着した主人公がばったり出会うところから始まる。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

挿絵がすてきなところ。特にバオバブの絵がすてき。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

大切なことを見失わないように生きたいと思った。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4494