ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『星の王子さま』サン・テクジュぺリ(岩波書店) | メイン | 『詐欺とペテンの大百科』C・シファキス(青土社) »

2011年07月11日

『女生徒』太宰治(角川文庫)

女生徒
太宰治

経済学部・女性

→bookwebで購入

女生徒

1.この本との出会いはいつですか?

大学1年生の春。

2.どんな内容の本ですか?

短編集で、どの短編も女性一人称で書かれています。みんな夢見がちだけど、心のどこかで現実の残酷さに気づいている、あるいは現実を直視しなければならない状況にあります。そんな彼女たちの心情が、太宰治の綺麗な日本語で上手に描き出されています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

わたしのすきな描写を紹介します。
「おやすみなさい。私は、王子さまのいないシンデレラ姫。あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?もう、ふたたびお目にかかりません。」

4.この本からどのような影響を受けましたか?

この本は、イギリスへの旅行中、電車の中などの移動中に読みました。
西洋の国で純日本文学を読むというミスマッチさが何とも心地よく、まるで女生徒に出てくる女性のように、イギリスで1人酔いしれていました。
このようにこの本は、わたしが成長していく中でなくしかけていた夢見る気持ちを思い出させてくれました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4493