ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『アルケミスト』パウロ・コエーリョ(角川文庫) | メイン | 『白銀ジャック』東野圭吾(実業之日本社文庫) »

2011年07月11日

『門』夏目漱石(新潮文庫)


夏目漱石

農学部・女性

→bookwebで購入

門

1.この本との出会いはいつですか?

高校1年あたりに学校の授業で夏目漱石の『こころ』を読むことになり、そこから夏目漱石の本に興味を持ったので買いました。

2.どんな内容の本ですか?

夏目漱石の『三四郎』『それから』に続く3部作の最終作です。
度重なる不幸を自らの責任であり罪だと苦しむ妻と、過去に犯した罪への罪悪感に苛まれて生活する夫が、寄り添いながら生きるお話です。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

特に大きな事件もなく淡々と話が進んでいくところや、何度読んでもわからないところが出てくるところが好きです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

高校時代にはこの本をきっかけに夏目漱石の本が嫌いになりました。淡々とした掴みどころの無さが嫌いでした。
大学生になってこの本を楽しめるようになって、掴めないものを掴めないまま大枠で理解することに慣れてきたような気がします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4485