ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス(早川書房) | メイン | 『綿いっぱいの愛を!』大槻ケンジ(角川文庫) »

2011年07月11日

『卍(まんじ)』谷崎潤一郎(中公文庫)

卍(まんじ)
谷崎潤一郎

理学部・男性

→bookwebで購入

卍(まんじ)

1.この本との出会いはいつですか?

ゼミでの課題図書選定の際。結局別の本になったが、最終候補まで残った本。

2.どんな内容の本ですか?

ネタバレになっても宜しくないので、某サイトからのあらすじを引用するにとどめます↓
光子という美の奴隷となった柿内夫妻は、卍のように絡みあいながら破滅に向かう。官能的な愛のなかに心理的マゾヒズムを描いた傑作。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

あらすじだけからでは、いかにもいかがわしい印象しか受けない作品であるが、それを「いやらしい」と感じさせない所が、文豪谷崎と言われる所以だと思う。ちなみに、この本は関東大震災の後に神戸に移住してから出来上がった作品であり、震災前後での作品の変化を考察しながら読めば、昨今の大震災前後の我々の状況と多少なりとも重ね合わせることができるはず。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

影響、と言われるとパッとは思いつかないが、こんな内容の本を名作たらしめる才能に、どんな題材でも書き手の手腕次第で名文にも駄文にもなり得る事を改めて痛感した。お手すきの際に一読を。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4475