ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『卍(まんじ)』谷崎潤一郎(中公文庫) | メイン | 『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』中島らも(集英社文庫) »

2011年07月11日

『綿いっぱいの愛を!』大槻ケンジ(角川文庫)

綿いっぱいの愛を!
大槻ケンジ

理学部・男性

→bookwebで購入

綿いっぱいの愛を!

1.この本との出会いはいつですか?

数年前。元々ロック歌手として敬愛していた著者の書籍も読もうと一念発起して衝動買いした最初の作品。

2.どんな内容の本ですか?

筋肉少女帯をはじめとしたロックバンドのボーカリストであり作家、詩人でもある人間サーチライト、オーケンこと大槻ケンヂが贈る、主にトホホな体験とそこから得たアイデアを綴った失笑エッセイ。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

アホでトホホな話の随所に、オカルト、SF、映画、文学など幅広く、そして大いに偏った知識と機知に富んだ示唆(ツッコミ?)がオーケンならではの切り口でちりばめられている点。満員の通勤電車の車内で読もうものなら、ムフムフと含み笑いをしてしまい周囲に空間が開けること請け合いである。しかし、結構イイコトも言っていて、フムフムと考えさせられることもきっと一つくらいはあるだろう。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

「知」は制約のないものだと気づかされた。大学などからのお墨付きを頂いたクラシックな学問体系から逸脱した(させられた)知識は「知」たりえないのか?そんなはずはない。分厚くてお堅い教科書に凝り固まって拘泥するだけでは、人生は面白くない。そんな具合に、知ることの自由を考えさせられた作品である。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4474