ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『綿いっぱいの愛を!』大槻ケンジ(角川文庫) | メイン | 『日本人の英語』マーク・ピーターセン(岩波新書) »

2011年07月11日

『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』中島らも(集英社文庫)

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町
中島らも

理学部・女性

→bookwebで購入

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町

1.この本との出会いはいつですか?

中学生のとき。

2.どんな内容の本ですか?

鬼才中島らもが自身の学生時代を振り返る青春エッセイ。
ちなみに中島らもの小説では、「今夜、すべてのバーで」がおすすめ。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

エッセイというと、自分が好きな作家でないと読む気が起こらないものだが、本著に関しては、中島らもを知らない人にも自信を持って薦められる。
ユーモア溢れる筆致と、著者の感性が魅力。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

「人間的魅力とは何か」について考えるようになった。
常識や偏差値に囚われている薄っぺらいエリート諸君に、是非とも中島らもを知って欲しいと思う。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4473