ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『日本人の英語』マーク・ピーターセン(岩波新書) | メイン | 『生命とは何か』シュレーディンガー(岩波新書) »

2011年07月11日

『日々の泡』ボリス・ヴィアン(新潮文庫)

日々の泡
ボリス・ヴィアン

理学部・女性

→bookwebで購入

日々の泡

1.この本との出会いはいつですか?

中3~高1のころ?その時期に小説が好きで友達とお互いの読んだ小説の話をよくしていて、その期間に紹介されたものだったはず。

2.どんな内容の本ですか?

背表紙のコメント曰く「人生の不条理への怒りと自由奔放な幻想を結晶させた永遠の青春小説。『20世紀の恋愛小説中もっとも悲痛な小説』と評される最高傑作。」
あるいは美しいファンタジー、シュールで時に残酷なユーモアを秘める悲恋小説、と表現できるか。
ただ、その類いの形容はこの本をあまりに狭い枠に押しこめ歪める。
主人公コランの演奏でその時どきに変わるカクテルを調合する「カクテル・ピアノ」を、
粗塩をかけるとシャボン玉をふきだすコランのバスマットを、肉桂入りの砂糖の匂いのする小さな薔薇いろの雲を、
肺の中から睡蓮の花が育つ奇病に命を奪われゆくヒロインのクロエを、
ほかにどのような言葉で説明することができるだろう?

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

上に述べたような独特の世界観。
クロエはじめ女性登場人物たちの、時に痛ましさをにおわせる奔放な美しさ。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

とくに影響は、、受けてない笑
ただ、読んでこのような感覚を覚える小説は私の中には唯一無二。
「切なくなる」といえばわかりやすいのかもしれないけど。
読んでいただければ伝わると思う。この本を好きだと思う感性の人がいれば話してみたいな、と感じる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4471