ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『生命とは何か』シュレーディンガー(岩波文庫) | メイン | 『虐殺器官』伊藤計劃(ハヤカワ文庫JA) »

2011年07月11日

『試験に出る関西弁集中講座-必修単語からボケ・ツッコミまで』大阪世一(サンマーク出版)

試験に出る関西弁集中講座
必修単語からボケ・ツッコミまで
大阪世一

医学部・男性

→bookwebで購入

試験に出る関西弁集中講座-必修単語からボケ・ツッコミまで

1.この本との出会いはいつですか?

東大の合格発表直後や!「おもろい」「お洒落」「だんでぃ」、これ大学デビューの条件でっせ。やったら必修の「第2外国語」は大阪弁で決まりやろ!!

2.どんな内容の本ですか?

文法事項は「マドンナ古文」の大阪弁ヴァージョンや!それに長文読解、日常会話の講座が充実しとってん。豊富に挿入された大阪スピリッツの描写はさながら「地球の歩き方」や!!

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

大阪弁例文と現地エピソードがめっちゃ充実しとんね。「嬢ちゃん茶あシバかへんか?」「セメン漬けで大阪湾に沈めんかてええやおまへんか!」「やっぱ好っきやねん… 」とかなぁ、バリバリでんがな!

4.この本からどのような影響を受けましたか?

上記レビューから察してくだはれ…ちゃうねん、ちゃんと大阪弁マスターすれば「大学デビュー」間違いないはずやねん。ただ今は未熟なだけやねん!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4426