ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『THE SELFISH GENE』Richard Dawkins | メイン | 『武士道シックスティーン』誉田哲也(文春文庫) »

2011年07月11日

『14歳からの哲学 考えるための教科書』池田晶子(トランスビュー)

14歳からの哲学
考えるための教科書
池田晶子

理学部・男性

→bookwebで購入

14歳からの哲学 考えるための教科書

1.この本との出会いはいつですか?

中学生か高校生のとき親が買ってきた。

2.どんな内容の本ですか?

難しい用語を使わずに説明した哲学の入門書。14歳でなくとも楽しめる。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

普段じっくり考える機会がないが、誰しも一度は経験したことのある哲学的思考に無理なく誘ってくれる。テーマは「人生の意味」や「生と死」、「恋愛」など、身近なものばかり。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

答えのない問題を考えることはそれ自体楽しいし、他の分野にも通じる能力だと思う。少なくとも、「考えてみれば、不思議だな」という感覚を大いに経験できて面白かった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4466