ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『武士道シックスティーン』誉田哲也(文春文庫) | メイン | 『犬 他一篇』中勘助(岩波文庫) »

2011年07月11日

『西の魔女が死んだ』梨木香歩(新潮文庫)

西の魔女が死んだ
梨木香歩

文学部・女性

→bookwebで購入

西の魔女が死んだ

1.この本との出会いはいつですか?

タイトルは前から知っていて、去年の冬あたりにたまたま古本屋で発見しました。

2.どんな内容の本ですか?

学校に行けない女の子が「魔女」である祖母のもとで生活をする。自らも「魔女修業」をしながら、自然のなかで暮らすうちに、次第に少女の心は癒されていく、というお話です。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

野苺のジャムを作ったりハーブを植えたりする少し日本離れした雰囲気の生活がすごく魅力的でした。そんな中で、主人公の少女の迷いや葛藤に自分の幼い頃を思い出してとても共感しました。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

改めて家族は大切にしなくてはと思いました。加えて、自然に囲まれた田舎暮らしへの憧れがますます強まりました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4464