ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『西の魔女が死んだ』梨木香歩(新潮文庫) | メイン | 『会うまでの時間』俵万智(文芸春秋) »

2011年07月11日

『犬 他一篇』中勘助(岩波文庫)

犬 他一篇
中勘助

文学部・女性

→bookwebで購入

犬 他一篇

1.この本との出会いはいつですか?

この春休み

2.どんな内容の本ですか?

・大正時代の小説、舞台は古代インド。
・バラモン僧は呪術によって愛する女性と自分を犬の姿に変えてしまう。男女の情愛を暴力的に描いた短編。
・その内容から発表当時は発禁処分を受け、二年後に出版されたときも伏字だらけだった。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

・大正時代に書かれたとは思えない読みやすさ。
・なんてグロテスク。なんてエロティック。それでも真摯な筆致。
・奈落の底に落ちていく「愛」

4.この本からどのような影響を受けましたか?

この物語は話の都合上(そもそも登場人物が犬なので)、映像化・舞台化できない。
言葉でしか表現されえない強烈なイメージというものを信じるきっかけになった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4463