ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『人間失格・桜桃』太宰治(角川文庫) | メイン | 『数学的にありえない』アダムファウファー(文春文庫) »

2011年07月11日

『数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜』エンツェンスベルガー(晶文社)

数の悪魔
算数・数学が楽しくなる12夜
エンツェンスベルガー

工学部・女性

→bookwebで購入

数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜

1.この本との出会いはいつですか?

小学校3、4年生のころに、叔父が誕生日プレゼントでたくさん本をくれたのですが、そのうちの1冊がこれでした。

2.どんな内容の本ですか?

学校の数学が苦手な少年ロバートが数の悪魔に出会い数学の面白さにどんどんのめり込んでいく話です。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

私が数学の面白さに気がつくきっかけになった本なのでとても思い出深いです。ロバートが数の悪魔とも数学とも打ち解けていく話のすすみ具合がとても好きです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4449