ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『僕の空、ルシエール』横山正美(幻冬舎) | メイン | 『贖罪』I・マキューアン(新潮文庫) »

2011年07月11日

『竜馬がゆく』司馬遼太郎(文春文庫)

竜馬がゆく
司馬遼太郎

工学部・女性

→bookwebで購入

竜馬がゆく

1.この本との出会いはいつですか?

たしか中1のとき。無性に本が読みたくなって、父に「面白い本を教えて」とせがんだところ引っ張り出してきてくれた歴史小説類の中にありました。

2.どんな内容の本ですか?

坂本竜馬に焦点をあてて、幕末から明治維新にかけての日本が描かれています。
作者は実存した坂本龍馬と区別するために竜馬という表記を用いたそうで、多分に脚色が入っていますが、その分読みやすくなっていると思います。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

ストーリーに沿って、明にも暗にも作者の史観・人物評が加えられている点です。とくに主要な登場人物の人柄・人間模様は詳しく描かれているため、当時の“空気”のようなものにふれられたような感覚を味わえます。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

上に書いたように、登場人物の人柄がしっかりと描かれているため、この本は私にとって新しい人物との出会いの場であり新しい価値観との接点でした。そこでふれた考え方は、私の行動指針の一部にもなっていると思います。

竜馬がゆく(1巻)
→bookwebで購入

竜馬がゆく(2巻)
→bookwebで購入

竜馬がゆく(3巻)
→bookwebで購入

竜馬がゆく(4巻)
→bookwebで購入

竜馬がゆく(5巻)
→bookwebで購入

竜馬がゆく(6巻)
→bookwebで購入

竜馬がゆく(7巻)
→bookwebで購入

竜馬がゆく(8巻)
→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4444