ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『竜馬がゆく』司馬遼太郎(文春文庫) | メイン | 『万能鑑定士Qの事件簿』松岡圭祐(角川文庫) »

2011年07月11日

『贖罪』I・マキューアン(新潮文庫)

贖罪
I・マキューアン

工学部・男性

→bookwebで購入

贖罪

1.この本との出会いはいつですか?

この本の映画版である「つぐない」を観て、その原作の作者の表現にも興味を持った。

2.どんな内容の本ですか?

ある旧家の娘セシーリアとその使用人の息子ロビーは恋に落ち、二人は良き関係を歩んでいくように見えた。
しかし、セシーリアの妹ブライオニーが、ある夜の少女襲撃の犯人をロビーだと証言したことで二人は引き裂かれることとなってしまった...

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

美しい愛の物語の中で描きながら、題名にもなった贖罪(Atonement)の難しさ、そしてその意味を読者に伝えてくれる点が素晴らしい。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

(小説なのであまり書くとネタバレになるので抽象的に。)
法とモラルの境界域はあいまいであり、罪を全く起こさない人生を送ることは難しい。
そして、その罪を償うことはさらに難しい。
それを認識したとき、罪に対してどのように責任をとるべきなのか日々の生活の中でも考えるようになった。

贖罪(上巻)
→bookwebで購入

贖罪(下巻)
→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4443