ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『武士道』新渡戸稲造(岩波文庫) | メイン | 『哲学の謎』野矢茂樹(講談社現代文庫) »

2011年07月11日

『日本語の年輪』大野晋(新潮文庫)

日本語の年輪
大野晋

法学部・男性

→bookwebで購入

日本語の年輪

1.この本との出会いはいつですか?

浪人時代。予備校講師に薦められて。

2.どんな内容の本ですか?

それぞれの語の歴史や文化的背景を述べています。巻末では、「ひとつひとつの言葉の生まれて死んでいったところ」として日本語全体の歴史が述べられています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

言葉が人間を作り、人間が言葉を作っていく。そんな言葉と人間が持つ力を実感できる本です。同時に、考え方や思想など日本人のあり方が浮き彫りにされていて、より深く日本人を理解でき、日本人を好きになれます(少なくとも僕は)。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

分を見つめ直すことができました。日本人を理解するだけでなく、自分を理解するのにすごく役立ったと思います。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4439