ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『宴のあと』三島由紀夫(新潮文庫) | メイン | 『医者が末期がん患者になってわかったこと ある脳外科医が脳腫瘍と闘った壮絶な日々』岩田隆信(中経出版) »

2011年07月11日

『映画篇』金城一紀(集英社)

映画篇
金城一紀

医学部・男性

→bookwebで購入

映画篇

1.この本との出会いはいつですか?

大学受験が終わった頃か、大学一年生の夏休みか、そのあたりだったと思います。

2.どんな内容の本ですか?

映画にまつわる中編の小説が並べられている形です。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

映画好き、読者好き、にはたまらない内容だと思います。この著者の描く高校生~大学生あたりの主人公がカッコ悪いところも全部含めて、本当に格好良く感じて好きなんです。そして、人とのつながりが感じられるのも良いんです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

もっともっと面白い映画を見よう、とこの時期は結構映画を見てましたね(笑)。斜に構えて、賢しげに振る舞ってちゃつまんない、そんなことを勝手に考えてたかもです。とりあえず自分は、この著者の作品を読むと少し素直になれます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4422