ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか』菅原琢(光文社新書) | メイン | 『幸福な食卓』瀬尾まいこ(講談社) »

2011年07月11日

『自由の牢獄』ミヒャエル・エンデ(岩波現代文庫)

自由の牢獄
ミヒャエル・エンデ

法学部・女性

→bookwebで購入

自由の牢獄

1.この本との出会いはいつですか?

この本に出会ったの自体は大学に入ってからでしたが、筆者ミヒャエル・エンデとは小学生からの付き合いです。彼の作品は、子供と大人の区別を付けない。本質を突く。

2.どんな内容の本ですか?

短編集で、読みやすいです。一見単純に見えるものの裏にメッセージが隠れています。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

「自由の牢獄」って、どういうことなんでしょう?
この本の中で私たちは、幾つかのことを「経験」することになります。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

想像力、ポエジーについて。
表面的な物の見方の逆転。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4435