ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『二重らせん』J・ワトソン(講談社文庫) | メイン | 『世界を動かした21の演説』クリス・アボット(英治出版) »

2011年07月11日

『凍りのくじら』辻村深月(講談社文庫)

凍りのくじら
辻村深月

薬学部・女性

→bookwebで購入

凍りのくじら

1.この本との出会いはいつですか?

大学二年生のとき。同じ作家さんの本を読んで気に入ったのでもう一冊のつもりで購入。

2.どんな内容の本ですか?

どこにいても「少し不在」の主人公が、不思議な少年との出会いをきっかけに変わっていく、少し不思議な物語。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

作者がミステリー作家なのもあって、ただのボーイミーツガールな話に終わらず、謎解き的な要素もあるところ。
章ごとに織り込まれるドラえもんの秘密道具が話に広がりを持たせているところ。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

主人公の、どこにいても所在なくて、でも実はどこか落ち着ける場所がほしくて…という気持ちに共感しました。
達観して世の中を眺めるよりも主体的に関わる世界の方が、やっぱり生き生きしているんだと思わせられた気がします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4528