ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『医者が末期がん患者になってわかったこと ある脳外科医が脳腫瘍と闘った壮絶な日々』岩田隆信(中経出版) | メイン | 『エデンの東』ジョン・スタインベック(早川書房) »

2011年07月11日

『レインツリーの国』有川浩(新潮文庫)

レインツリーの国
有川浩

医学部・女性

→bookwebで購入

レインツリーの国

1.この本との出会いはいつですか?

大学2年の冬くらい

2.どんな内容の本ですか?

こっぱずかしい思考回路だけどとにかく懐の深い関西弁男子と、若干卑屈精神が根深い感じの中途失聴者ヒロインの恋愛小説です

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

障害者ということを抜きにして、二人のなかなか「通じない」付き合いがリアルで、それを乗り越えようと頑張る主人公に共感して応援したくなるところです。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

コミュニケーションはただの伝達でなく、使われた言葉1つ1つで相手との気持ちのやりとりがあるのだと改めてその大切さを感じました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4420