ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『白銀ジャック』東野圭吾(実業之日本社文庫) | メイン | 『読めばテニスが強くなる ウイニング・アグリー』ブラッド・ギルバート、スティーブン・ジェイミソン(日本文化出版) »

2011年07月11日

『日本その心とかたち』加藤周一(ジブリLibrary)

日本その心とかたち
加藤周一

農学部・女性

→bookwebで購入

日本その心とかたち

1.この本との出会いはいつですか?

最近。大学三年生に上がる春。

2.どんな内容の本ですか?

縄文時代から現代までの日本の造形文化を扱う。具体的に造形芸術の作品を挙げ、解説しながらも、そこにあらわれた日本文化の基本的な特徴をあきらかにすることを主眼とする。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

わかりやすい。面白い。「日本のこころ」という切り口で書かれていて、読みやすく、門外漢にもわかりやすい。内容がしっかりしていて面白い上に、加藤周一のすごさに改めて感動できる。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

自分の世界の中での立ち位置はどこ?日本人としてのアイデンティティは?といった問いに直面したとき、日本人であることに自信を持つためにはまず知ることが必要だった。日本(文化・芸術)の魅力をたっぷりと伝え、日本のことを知りたい!という気持ちに答えてくれた上に、これからも向き合い続けていくきっかけを与えてくれた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4483