ごあいさつ
五月祭で何か面白いことがしたいと思い、東大にふれてもらうという五月祭のコンセプトの中で人々に興味を持ってもらえることは何なのだろうと考えたとき、「本」と東大生というのは関わりの深いもので本を通して東大生の本質を捉えることができるのではないかと思い、この企画を行いました。
本を借りるとき、100人には単純に、「あなたのおすすめの本を貸してください。」としか言っていません。
そう言われたときに100人の東大生はいったいどんな本を差し出すのか、そこに一つの東大の縮図が見えるのではないかと思っています。
そんな企画を今回、書評空間内の1つのコーナーにすることができました。
100冊のリストとコメントを見て、少しでも面白いと思っていただけたら嬉しいです。

東京大学 農学部 3年 賈 一丁

« 『試験に出る関西弁集中講座-必修単語からボケ・ツッコミまで』大阪世一(サンマーク出版) | メイン | 『我らの時代 男だけの世界』ヘミングウェイ全短編(新潮社) »

2011年07月11日

『虐殺器官』伊藤計劃(ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官
伊藤計劃

医学部・男性

→bookwebで購入

虐殺器官

1.この本との出会いはいつですか?

大学2年の秋頃。ふらっと立ち寄った本屋で。

2.どんな内容の本ですか?

(うろ覚えですが…
近未来の世界で、軍の特殊部隊として暗殺を行う主人公。世界各地で起こる戦争の背後に見え隠れするある男の存在を知り…。と、ここまで書くとSFで007的なスリル溢れる内容を想像するかもしれませんが、独特の雰囲気をまとってます。

3.この本のどういうところが好きですか?
(抽象的にでも具体的にでもいいです)

文章の向こう側、ページの向こう側から圧してくる感覚というのか、著者の気配が無言のメッセージが、いやむしろ、著者自身の"こたえ"への渇望がすごく感じられる、そんな独特の血の通った雰囲気にはまってしまいました。

4.この本からどのような影響を受けましたか?

まず、読み終わって一息。そして珍しく、こんな小説を書いた人ってどんな人なのかと気になり、表紙裏の著者の略歴をみて驚き。さらに、著者がこの小説を書き始めた経緯を知り、再び衝撃というよりも納得。陳腐な言い方ですが、生と死を未だに建て前としか語れていないのだな、と感じました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4425