« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月24日

『暇と退屈の倫理学』國分功一郎(朝日出版社)

暇と退屈の倫理学 →bookwebで購入

紀伊國屋じんぶん大賞2011『大賞』キノベス!2012『第14位』阿部公彦先生による書評(書評空間)と、紀伊國屋では大評判の本書を、さらに推薦したい。

偉大なる先人たちによって自由を求める闘争が成し遂げられた後、私たちはいったい何を為すべきか。
資本の論理の中で、趣味や将来の夢をカタログの中から選ばされる人々は、真に幸福か。
不景気による閉塞感、幸福を追求できない若者・・・。

こういった慢性的な悩みに対して私は、単なる現状追認として「社会構造や経済論理」で説明されてしまうことに飽きていた。そういう類いの言説には、耳にたこができるほどであった。手も足も出せないまま、耳にタコであった。

自分に直接関わるはずの問題でも、「社会構造」や「経済論理」という大きなもので説明されてしまうと、「ああ何だ。私のせいじゃなかった。仕方無いことだ。」と、どこか安心してしまうが、しかし問題は厳然として目の前にあり、単なる「現状追認の思想」は私の役には立たなかったのである。


本書は、筆者自身が言うように、「僕はこんなこと考えてるんだけど、あなたはどう思う?」という問いかけを感じさせるものであり、読者は考えることを促される。それがとても刺激的だった。

幸福を追求する人間にとって「退屈」の問題は深刻であり、本書では、多くの著名な学者の思考に沿って、著者自身の思考が展開される。
『歴史は繰り返す』。19世紀から既に欧米では同じ危機が学者によって論じられていたのである。哲学者や経済学者の思想が多数登場するが、身構える必要はない。本書の魅力は、彼らの思考が、現代に生きる我々の問題として生々しく展開されることであり、学問は象牙の塔ではなく、思考のプロセスとして自分のものに出来ると感じられることである。


本書は通読しなければ意味が無いが、「自分以外の者の世界観」が論じられる第六章が特に印象的だ。ユクスキュルの「環世界」。
【生物はそれぞれ独自の世界を生きていて、それは人間も他の動物も同じ。ただ人間は他の動物に比べて、容易に複数の環世界を行き来できる。】という説が展開される。会社では社員としての世界観、家庭では父親としての世界観をもって生活している、というイメージである。筆者はそこにも退屈のメカニズムを考察し、人間特有の可能性を見出している。
人間特有の絶望と希望が見いだされる過程が非常に刺激的で、「暇と退屈の」という書名から連想される以上の知的衝動を味わえる。

暇な人も忙しい人も「退屈」している現代社会で、人間性を手放さないために、本書をお勧めしたい。「暇」な人も「忙しい」人も、退屈を打開出来るかも知れない。


(大阪営業部 宇田静香)



→bookwebで購入

2012年02月12日

『海に降る』朱野帰子(幻冬舎)

海に降る →bookwebで購入

 面白いお話の要素というものを考えてみると、大筋として何か困難が乗り越えられていくプロセス、個性きらめくキャラクター、それから、その話で初めて知る豆知識というか新奇な知見や薀蓄の体系、といったところが、まずは鉄板ではないだろうか。もちろんそれらの要素は、自然に、深いところで、不可分に融け合っていてこそ、物語にハマる快感は高まるわけで、意味もなく不自然にふるまう人物や本筋と絡まない豆知識では、興醒めするばかりだろう。
 『海に降る』は、そんな鉄板の三要素が美しく融合した小説だ。この本を読む10人中おそらく9人は確実に、爽快でハッピーな読後感に浸れるだろうと思う。

 まず何より目を奪われるのは、深海探査という全く未知の世界のあり様だ。
 「独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)」、潜航能力世界一の有人潜水調査船<しんかい六五〇〇>、その中でパイロット・コパイロット・研究者の乗組員3名を収める内径わずか2メートルの真球「耐圧穀(たいあつこく)」。ページをめくるたびに次々現れる専門用語に満ちた目新しい情報の群れは、けれどけっして単なる意匠では終わらない。

「外からは見えないけれど、船の中には丸い球が入っている。造船所の熟練技術者たちが、海洋科学技術の粋をこらして製造したチタン合金製の耐圧穀だよ。限りなく真球に近いから、全方位から襲いかかる大水圧にも負けない。この耐圧穀が、中に乗っているパイロットや研究者を護り、深度六五〇〇メートルの世界まで連れていってくれるんだ」(8P)
幼い頃、技術者である父親から聞かされた話は、父親が家族から離れてしまってからも、主人公・天谷深雪の心を縛りつづける。成長した深雪がついに女性初の有人潜水調査船パイロットにあとひと息でなれる、という地点から物語は始まる。

 美人だけど酒乱気味、自分にとらわれ過ぎて周りが見えないきらいもあるが、裏表のない人好きのする性格で根性はあり、そんな深雪が大きな困難にぶつかったとき、ときに励まされ、ときに落ち込まされるJAMSTECの同僚たちを中心とした周囲のさまざまな人たちとの交流が、すごく自然だ。

「科学っていうのはな、社会に役立つものばかりじゃない。やりたいからやってる。そういう研究の方がむしろ多いかもしれない。そういう意味では科学者はエゴの塊みたいなものだ。しかし少なくとも俺には人類の知的好奇心を代表してやってるって自負がある。傲慢な言い方をすれば、俺の研究人生が遅れるってことは、人類の知が遅れるってことだ」
 私に向けられた目山さんの目は驚くほど冷たかった。
「俺たちはパイロットの質が悪かったから今回のミッションは駄目でしたってわけにはいかないんだよ。大事なのは海底で何ができるかなんだ。潜れる潜れないなんていう低レベルな話、これ以上聞きたくもないよ。厳しい審査をくぐり抜けて何とか手にした潜航のコパイロットがお前だったら俺は泣くね。適性がないなら、さっさと辞めた方が皆のためだ」(203-204P)
物語の後半、JAMSTECのトップ研究者・目山が、半ば友人として、けれどやはり根っからの研究者として、深雪にきつい言葉を浴びせる。

 登場人物たちは、研究者は研究者として、先輩パイロットは先輩パイロットとして、広報課員は広報課員として、みんな深雪の都合など関係なしに自分の仕事をそれぞれの性格や来歴に沿ったやり方で淡々と、ときには感情をこめて、こなしていく。読み進めるうちに、深雪とのやりとりを通じて彼ら彼女らそれぞれの仕事の内容やものの考え方、感じ方が、次第にくっきりと了解されてくる。それがやがて、JAMSTECという組織そのもの、あるいは海洋研究開発そのもの、さらには科学という営みそのものに対する深く立体的な理解やそれまでにはなかった親近感へと、読む者を自然と導いていってくれる。

 『海に降る』は、基調としてはプロジェクトX的な成長物語だが、もうひとりの主人公・高峰浩二が主役をつとめる日本海溝に潜む未確認生物の話のほうは、思いがけないSF的展開をみせる。もしかしたら、その途方もないスケールについていけない人もいるかもしれないと感じたのが冒頭の「10人中9人」のわけなのだが、当該のクライマックスシーン、筆者自身は、世の中に数多ある仕事のなかで、科学というものに独特に内包されている魅力――未知への夢やロマンが、驚くべき、けれどとても美しい情景として表現されている、と思った。


(営業企画部 今井太郎)


→bookwebで購入