2007年12月18日

『太陽の塔』森見 登美彦(新潮社)

太陽の塔 →bookwebで購入

 今日はある講義の年内最終日。人が少なかった。昨年は「あいのりスペシャルと時間がバッティングしたのでしかたがないな」と自分を慰めたのだが、今年はそんなめぼしい番組もない。単に人気がないだけである。さみしい。さみしいときには、うちにひきこもって心あたたまる温い作品を読むべきである。
 そんなわけで、ほんとうは今回は米澤穂信の『遠まわりする雛』を取り上げたかったのだが、一度このブログの中で取り上げた作家さんなのでパス。代わりに(と言っては大変失礼だが)本作について書いてみた。
 もてない男の悲哀というものは、絵にならない。哲学上のテーマにすらなりにくい。うっとうしいだけである。そんなうっとうしさに創作意欲を燃やされる芸術家だの作家だのがいるのだろうか。いた。森見登美彦のもてない男の書きっぷりは、すでに絶技の領域に達している。1993年のドニントンパークにおけるアイルトン・セナのオープニングラップを見るような、あるいは2005年の鈴鹿におけるキミ・ライコネンのファイナルラップを見るような、いっそNHK杯における羽生の5二銀を鑑賞するような至福の読書体験がそこにはある。私自身があまりにももてない思春期を過ごしたので、感情移入のあまり温い涙が頬を濡らして「破」が楽しみになるほどである。
 すべてのもてない男たちは、あるいはかつてもてなかった男たちは、いまクリスマスというイベントを前にして危険な時期を迎えている。Dデイの当日、どのような過ごし方をするかは個人の勝手というものだが、うちにひきこもって心身の安寧をはかる選択肢は常に手の内に残しておきたい。私はそうするつもりである。そのとき、枕元に置く一冊として森見は最適である。メリークリスマス!

→bookwebで購入

  《 前へ