« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月24日

『ニッポンのここがスゴイ!―外国人が見たクールジャパン』堤和彦(武田ランダムハウスジャパン)

ニッポンのここがスゴイ!―外国人が見たクールジャパン →bookwebで購入

「文化としての『クールジャパン』」


 本書は、2006年に放送が開始されたNHKの衛星放送番組『COOL JAPAN 発掘! かっこいいニッポン』で交わされたトークや、外国人による取材の内容をプロデューサーの堤和彦氏がまとめたものだ。スタジオでのやりとりを忠実に再現しようとしたものではないが、その要点がプロデューサーの視点から的確に凝縮されているため、163回(本書の出版時点)にもおよぶ同番組の傾向がざっくりつかめるものとなっている。

 「クールジャパン」というと、アニメやマンガなどのコンテンツやコスプレのようなポップカルチャーを連想しがちだ。本書もマンガやJ-POPから始まってはいるが、居酒屋、商店街、自己鍛錬、夫婦の絆といった種々のものに触れている。ここで挙げられているものには、ビジネスやサービスから日本的な振る舞いや習慣、さらには精神性のようなものまで含まれているのが特徴だ。そして、東日本大震災をめぐって、出演していた外国人からのメッセージも採録している。

 特に印象に残ったものの一つが、「商店街」(2011年7月30日放送分)だ。商店街は「シャッター通り」と化している様子が度々テレビニュースで報じられるなど、その寂れていく様子が語られることが多いが、次のような発言は、日本人自体が負の側面から語る枠にはまってしまっていることを気づかせてくれる。

「僕は商店街の連帯感が気に入ったよ。住まいと商売が一体になっていて、店の人とお客さんの関係がすごく近いよね」(カナダ人・パトリックさん)

「商店街はまるで街の心臓で、人々の動きは鼓動なんだよ」(ブラジル人・ザレさん)

 もう一つが「修行」(2010年12月18日放送分)だった。日本人へのアンケート結果からは、「修行」としてとらえているものに「生きること」「人間関係」「仕事」「スポーツ」「ダイエット」などが含まれていた。この日本人の飽くなき自己鍛錬については賛否が分かれたようだ。

 「クールジャパン」をめぐっては、コンテンツをいかに海外に売り込むかという議論や、政策としてどのように推進するかという議論が多い。もちろん、それらも重要な論点ではあるが、そのような議論とは一線を画しているのが、本書のユニークネスだ。

 終章「『クールジャパン』を世界に広めるために」では、本書(および同番組)が、コンテンツだけではなくて振る舞いや精神性などを含む文化の拡散を目指すものであることが再確認され、四つの提言がなされている。

 日本人はとかく外国人による日本論が好きだ。好きというよりは外国人からどう見られているかを過剰に意識しているのだろう。

 評者は、上記のような本書の企画意図は成功していると思っているし、また楽しく読んだ。ただ、外国人の言葉を借りて日本の技術の(あるいは技術に裏打ちされた日本の)優越性を確認しようとする「テクノナショナリズム」に陥ってしまうことに対してはさまざまな意味で警戒が必要だと考えている(もちろん、本書がそのようなものではないことは強調しておきたい)。たとえば、「フクシマ」は日本の技術信仰を根幹から揺るがすものだ。「技術立国」という言葉が安易に使われることが多いが、同時に、一つひとつを冷静に見ていく眼もわれわれには必要なのだろう。


→bookwebで購入

2012年01月19日

『自己愛過剰社会』ジーン・M・トウェンギ、W・キース・キャンベル(河出書房新社)

自己愛過剰社会 →bookwebで購入

「現代の自己愛とは何か」


 本書は、アメリカの心理学者トウェンギとキャンベルによって2009年に出版されたThe Narcissism Epidemicの邦訳である。直訳すると「ナルシシズムの蔓延」とでもなるのだろうが、訳者は本文で「ナルシシズム流行病」としている。つまり、それらを病理としてとらえているのである。
 日本でも時期を同じくして『現代のエスプリ』522号(ぎょうせい、2010年12月)でナルシシズムが特集されているし、また、2008年の秋葉原通り魔事件以降「他者からの承認」をテーマにした書籍の出版が続いているのは興味深い。

 著者たちにとって、ナルシシズムとは「文化の影響を受けた心のあり方」であり、ナルシシズム流行病は「(アメリカ)文化全体に広がり、ナルシシストも、またあまり自己中心的でない人もその影響を受けている」という(8頁)。
 日本でも、エッセー的なものから藤田省三の『全体主義の時代経験』(みすず書房、1995年)に収められている「ナルシズムからの脱却」(初出は1983年)のような硬派な論考まで、自己愛的な時代状況を評した文献は多数あるが、著者はアメリカにおけるそういった類書と本書を次のような点で明確に線引きする。それは科学的データに基づくということと、ナルシシズムをめぐる俗説の検証も取り上げていることにおいてである。

 自己愛性パーソナリティの事例として度々紹介されるのは、多重債務、経歴詐称、銃乱射事件、SNSでの自己呈示、パーティー文化、セレブリティなどである。確かにこれほどまでに事例を並べられると説得力がある。だが、それらの一つひとつが、本当にナルシシズムに起因するものなのか、ナルシシズムの症例として非難されるべきものなのかは、評者には疑問が残る。著者は「暴力、物質主義、他者への思いやりの不足、浅薄な価値観など、アメリカ人が自尊心を高めて食い止めようとしていることは、実のところすべてがナルシシズムに起因している」(16頁)とまで断言している。

 評者などは心理学の門外漢ゆえ的を外しているかもしれないが、そもそも人間の本性は自己愛的であり、それが資本主義やメディア文化の進展のなかで担保され、さらには称揚されるようなったということではないかという解釈図式を取ってしまう。たとえば、フェイスブックで自己の経歴をアピールすることで、ビジネスのネットワークを構築することなどを取ってみても、置かれた環境のなかで個々人が行動を最適化するのはある意味、当然ではないかと思うからだ。

 さて、新たな方法論を用いて文化としてのナルシシズムを検証しているだけでも本書は有意義なものだが、それ以外の点では1970年代以降に流行したナルシシズム論と本書との構造的違いが何だろうかというのが、評者が本書を手に取ったときに抱いた興味関心だ。

 藤田がナルシシズムの特徴をいくつか挙げているなかで、「世界はそれ自体として存在する物ではなくて、消費されるためにだけ、そしてそれまでの間一時的に存在している仮の物に過ぎなくなる」(25頁)という論述は、現代でも検討されるべきだと評者は考えている。それは、ナルシシズムがもたらす一つひとつの弊害や、ある犯罪事件との関連というような次元の議論ではなく、ナルシシズムがもたらす世界像の変容を問うものであった。

 本書は1部「自己愛病の診断」、2部「自己愛病の原因」、3部「自己愛病の症状」、4部「自己愛病の予後と治療」で構成され、全17章からなる。それぞれの部で、原因や症状として「物質主義」「見た目への依存」「虚栄心」「低年齢化」などさまざまな例が列挙されているが、そこでの通底奏音として全体を貫いているのは、メディア文化への不信ではないかと評者は読んだ。
 度々「メディア漬け」という言葉が(悪意を込めて)使われることが示唆しているように、著者が1980年代以降の特徴とするのは、1980年代以降の雑誌やテレビでのセレブリティ言説、90年代以降のリアリティTV、2000年のインターネットでのSNSといったメディア文化が自己賛美の価値観を創りだしているとする点だ。

 著者は、ナルシシズムを病理ととらえているため、その治療は可能だと言う。しかし、実のところ著者たちはその治癒について悲観的なのではないかと評者は読んだ。そこでは疾病モデルが有効であるとされるが、その最も効果的な治療法である隔離がこの文化的・メディア的な病理においては意味をなさないからだ。
 ナルシシズムのグローバル化の議論も含め、著者たちの視座は多分に悲観的であり、アメリカ文化の影響力を過大にとらえているという印象もあるが、それは、そのようなことを例証するさまざまな事態をつぶさに見てきた著者たちの危機意識に由来するのだろう。本書からは「ナルシシズム流行病」の最先端を行くアメリカの症例を詳しく知ることができる。


→bookwebで購入