« 2010年10月 | メイン | 2012年06月 »

2011年04月25日

『椅子と日本人のからだ』矢田部英正(筑摩書房)

椅子と日本人のからだ →bookwebで購入

「物作りの哲学者」

 素朴な疑問を抱き、素直に驚き、率直な問いを立てる。常識や先入見を鵜呑みにせず、自分で考え、調べ、読み、また考える。そういう単純な営みが、哲学である。
 本書にはその営みが生きている。のみならず本書では、物を考えることが物を作ることと一体になっている。本書は、物作りの思索家による哲学書である。

 物作りとは、道具を作ることである。道具とは、それを有している者が一定の用途のために使う物である。そのような道具の極致、つまり、使われるがそれ自体は作られることなくもっぱら作ることに与る原初的道具、それが身体である。
 ギリシア語で「オルガノン(organon)」とは、「道具」を意味するとともに、「器官・身体」を意味する。身体という道具を具えておのずと動くもののことを、「有機体(organism)」と言う。それは古来、「生物」の定義そのものであった。道具と身体とのそうした一体的連関が、本書では、椅子という身近な道具に即して解明される。それはすでに、道具の存在論にして身体の現象学の試みだと言ってよい。
 世には小難しい存在論や身体論の本はいっぱいあるが、それが哲学書と呼べるかは定かでない。冒頭で挙げた「単純」なことができていないようでは、そう呼べるはずもない。本書は椅子という物に即して、考えるという営みを伸びやかに繰り広げている。「事柄そのものへ!」という格率そのものに、物への問いにこだわっている。
 物作りの国の生んだ非凡な哲学書が、美しい装丁で文庫化されたことを喜びたい。

 物作りに黙々と携わる職人は、彼らに固有なこだわりの美意識たる職人気質を具えてはいても、ふつう学究肌ではない。著者の矢田部英正は学生時代、体操競技の選手であり、大学院でスポーツ科学を修めた。身体を酷使して関節障害に悩まされた経験から、姿勢というものについて考えるようになり、西洋科学に限界を感じ、日本古来の「身体技法」の次元を発見するに至った。服飾から茶道、建築まで研究範囲を広げ、自分で納得のいく姿勢補助具としての椅子をみずから作ることに乗り出すようになったのだという。
 物にこだわる職人気質は、既成の理論を疑う批判精神と相俟って、求道的なまでの真理への意志に高められている。本書では真っ先に、「人間工学と整形医学に基づくと謳われた椅子に坐って、椎間板ヘルニアになってしまう」という、笑うに笑えない事例が取り上げられる。「科学的に正しい」とされる姿勢理論や、それに基づく工法基準が、かえって腰痛を助長させてきたのである。日本人の一割が腰痛の自覚症状を訴える今日、これまで喧伝されてきた近代的理論では太刀打ちできないことは、もはや明らかである。そこで著者が関心を寄せたのが、近代科学技術以前の「禅の坐法」であった。

 「結跏趺坐(けっかふざ)」と言えば、悟りを開くために行なわれてきた仏教の修行法であり、仏像にも多く見られる。私たち現代人はこれを、膝や足首に尋常ならざる負荷のかかる「苦行」と見なしている。ところが、インドのヨーガから発祥したこの坐法は、病気の治療効果の高いポーズとして古代から重んじられ、密教や禅宗の世界では、身心の健康状態を高める「養生法」として重視されてきたのだ。
 ただ坐ることなら誰でもできる。だが、美しく坐るには、姿勢の質的な洗練を促す技術体系を体得しなければならない。単純化して言うと、上半身のリラックス状態と、下半身の充実感を基本とする姿勢――「上虚下実」――が、禅の坐法なのである。
 その場合、坐る人は、安楽さを万人に提供すべく開発された商品を享受する消費者ではない。自然な骨格に適う形で坐り方が完成へと向かう技能の習熟過程にある修養者なのである。禅の坐法では、脚の下全体に座蒲団を敷かず、太ももの半分から後ろの尻の下に「座蒲」と呼ばれる分厚いクッションを入れる。それによって骨盤を立たせ、自然な背骨の形態を作り出すのである。そういう坐り方を痛い、苦しいと感ずるのは、そういう姿勢に身体が慣れていないからにすぎない。ひとたびそれが身につく――「形を錬る」――や、その自然型によってむしろ身体は活性化され、力が漲るようになる。

 同じことは、和装における帯の着付けについても言える。帯とは、たんに衣服を密閉するための縛りではなく、骨盤を引き締め、腹部を保護し、無理なく背筋を伸ばすための、姿勢補助具であった。現代人はキモノを、自由に身動きのとれない窮屈な服と信じ込んでいるが、じつは帯には、型にしたがった立居振舞いさえ身につければ、様々な生理的効用を生む自在の働きが潜んでいたのである。
 逆に、ユーザーにいかなる努力も要求しない「人にやさしい」というスローガンは、耳触りこそ心地よいものの、それに甘んじていると、人間をどんどん虚弱にし、ことによると、道具に依存しなければ自力で立つことすらできなくさせてしまう。
 人間を自立へと導く姿勢補助具の研究は、著者をして、おのずから、自分の理想とする坐のイメージを実現する椅子の制作へと進ませた。その結果、腰痛の原因となる筋肉を動かす位置に来るように背もたれが設定され、それに毎日腰掛けるだけで患部が和らぎ、自然と姿勢の良くなるような、独特の椅子が考案されるに至ったのである。
 著者によれば、人間に自立を促すような道具をあみ出すことこそ、日本古来の物作りの思想であった。人間を道具漬けにし、機械に頼らなくては生きていけない退化した動物種を生み出す人間工学とは異なる、道具と身体との「有機的」連関が、そこには先取りされている。その豊かな可能性を理論研究のみならず制作実践でも切り拓いている「物作りの哲学者」の今後の活動に、目が離せない。

 物作りにこだわることは、書き手にとっては、本作りにこだわることでもある。著者には、博士論文を彫琢した『たたずまいの美学』(中公叢書)や、『美しい日本の身体』(ちくま新書)等のほかに、『日本人の坐り方』(集英社新書)という近著もあり、評判となっている。椅子作家や身体技法研究家としてのみならず、入念に仕上げられたこだわりの本を世に送り出す作家、エッセイストとして、著者の活躍にはめざましいものがある。何より文章が美しい。
 ギリシア語で「ポイエーテース(poiētēs)」とは、「作り手」を意味するとともに、「詩人」を意味する。プラトンからニーチェまで、哲学者は一流の作者、詩人でもあった。
 造形作家でもある矢田部が、すぐれた詩人でもあることは、たとえば、運慶作の円成寺大日如来坐像との出会いを綴った文章に、よく現われている。大日如来の「背中の表情」に心奪われた著者は、帰宅後さっそく大日如来の姿勢を真似したという。すると、「次第に外界の空気をとらえる自分の皮膚感覚や内臓感覚にも変化が生じ」――

「目を開けると、自分をとりまく外側の世界が、今まで見たこともないような光彩を放っている。静かな夜の空気に月が射し、畳の匂いや土壁の湿度が肌に心地よく、月に照らし出された庭の草木は、この世のものとも思えないほど光り輝いていた。夜空の闇までもが紺碧に輝いて見えた。いつも暮らしている生活空間は、もはや日常のものではなくなっていた」(138頁)。

 夜空の闇に紺碧の輝きを観照する境地は、身体技法と不可分のものであった。作ることと歌うことが、考えることと観ることと一体となった思索詩人の登場を、喜ばしく思う。



→bookwebで購入

2011年04月09日

『ローマ皇帝ハドリアヌスとの建築的対話』伊藤哲夫(井上書院)

ローマ皇帝ハドリアヌスとの建築的対話 →bookwebで購入

「フマニタスとしての建築」

 現代日本は建築大国である。古代以来の伝統建築の分厚い蓄積と、ライト、レーモンド、タウト、コルビュジエらに導かれて近代建築をわがものとしてきた実績。この二柱に支えられて、今日、安藤忠雄、伊東豊雄、藤森照信、隈研吾といった才気溢れる面々と、それに続く世代が、現代建築の実践と理論の両面で華々しく活躍している。鈴木博之を始めとする優れた建築史家にも事欠かない。姫路城を守った街並保存の市民精神は、前野まさる、兼松紘一郎らの近代建築保存運動に受け継がれている。
 一九二三年の関東大震災は、近代日本の建築界が活況を呈する一因となった。耐震の思想は、地震国の建築文化の根幹を成してきたのであり、それに棹差す流れは、一九九五年の阪神淡路大震災後にもあった。その前には、一九四五年の破局を乗り越えて、日本中の都市が焼け野原から復興を遂げたのだった。思えば、明治維新以来わが国はつねに「普請中」にあったし、それが絶えざる活力源となってきた。
 二〇一一年三月一一日、東日本を襲った大地震とその災厄は、筆舌に尽くし難い。だが、それが新たな建築文化の始まりを告げるものであることを信じよう。

 大震災の直前の三月一日、一冊の書物が刊行された。現代日本の建築家が古代ローマの賢帝と架空の建築談義に花を咲かせるという体裁をとった、建築文化論の書である。まさに本書で、建築大国ならではの豊饒さが大輪の花を咲かせている。古代から現代までの西洋と日本を射程に収める、見識の高さと視野の広さ。対話形式と漫遊形式をとった、読み物としての愉しさ。重要テーマを次々に繰り出す五百五十頁超の本文と、写真・図版・文献表満載の、書物としての重厚さ。今年の出版界の収穫と言うべき力作である。
 大災害に見舞われ、読書どころではないと浮足立つのではなく、こういう非常時だからこそ、のんびり読書の快楽に身を委ねたい。仕事を休んで、朝早く起きて本を読み始め、散歩に出掛ける以外、日暮れまで読書に耽り、暗くなったら早々に寝る。そんな生活ほど、電気消費量の少ないライフスタイルも稀だ。テレビもパソコンも携帯も止めて日中を愉しく過ごすには、本書のようなとびきりの教養書こそ一番の伴侶なのである。
 著者は湯河原在住の建築家、国士舘大学工学部教授。『哲学者の語る建築――ハイデガー、オルテガ、ペゲラー、アドルノ』(中央公論美術出版)の編訳者でもある。二十世紀の哲学者たちの建築論の紹介は、しかし著者にとって余技のようなものであった。ヨーロッパを股にかけて見聞を広めた建築学者のライフワークというべき本書は、そうはいっても建築学の専門書ではない。神話と叙事詩、悲劇と喜劇、哲学と学術、祭礼と習俗、教育と娯楽、共和政史と帝政史。古代ギリシア・ローマ文化の法外な豊かさが、会話体の平明な文章にたっぷり再現されている。こんな贅沢な本がたった四千二百円(本体価格)とは驚く。

 紀元二世紀前半に皇帝となったハドリアヌスは、政治家として優れていただけでなく、大教養人であった。二代後に帝位に就いたマルクス・アウレリウス(『自省録』の著者)に匹敵するこの哲人王と、現代日本の「建築家」が対談するという本書のスタイルは、ユニークで大胆きわまりないが、筋金入りの古典愛好家たる著者からすれば、古式ゆかしい「対話篇」ということになるのだろう。二十世紀前半にヴァレリーがソクラテスとパイドロスに建築談義をさせた『エウパリノス または建築家』の本歌取りでもある。
 皇帝ハドリアヌスは当然、彼が生きた時代までの歴史や学芸に詳しいことになっており、とりわけ当人が建立を命じた多数の建築物について尋ねられては、真相を明らかにするという設定になっている。第一部では、ローマ市内に現存する神殿パンテオン。第二部では、アテネに建てられた新図書館や神殿、新市街。第三部では、東方各地における都市建設。第四部では、ローマ近郊の皇帝別荘の改築。もちろん、古代ギリシア・ローマの他の名建築や建築工法も、あれこれ話題にのぼる。しかしそればかりではない。ギリシアびいきで鳴らした皇帝の口から、アリストパネスの喜劇やエウリピデスの悲劇、エレウシス密儀やアスクレピオス崇拝に関する、古代人の証言が引き出される。古代ローマの市民生活や、狩猟や読書の作法、別荘での過ごし方が、生き生きと説明される。
 その対話役を務める「建築家」は、これまた古典古代に造詣が深いのみならず、ハドリアヌスの死後から現代までの建築史について、さらに文化史全般について、ケタ外れの素養を有している。現代建築批評や日本文化史考ともなれば、これはもう彼の独壇場である。芸術の独創性の過大評価と建築の公共性の過小評価、ヘリゲルの弓道論に九鬼周造の偶然論、と堰を切ったようにトピックが繰り出される。破格の教養を具えた二人の語り部によって古今東西の文化の華が絢爛豪華に論じ合われるのは、贅沢の極みである。

 本書に教えられたことを挙げればキリがないが、古代人と現代人の建築談義という設定の妙が醸し出す発見をいくつか取り上げておこう。
 まず、古代ローマに「コンクリート」工法があったこと。皇帝ハドリアヌスは、ポッツォラーナと呼ばれた火山灰からなる天然セメントを使って、ローマのパンテオンを始めとする建造物の基礎工事を行なったという。それらが二千年近くも持ちこたえているのに対して(「万神」の集会場たるパンテオンが、のちに一神教のキリスト教会に転用されたために取り壊しを免れ、創建当時の姿をとどめているのは皮肉な話)、十九世紀に発明され近代建築を激変させた鉄筋コンクリート工法は、人工セメントの中性化現象によって鉄筋の劣化が進行するため、数百年に満たないほど短命なのである。築三十年程度で一般住宅も超高層ホテルも建て替えてしまえ式の建築大国の短慮には、それで十分なのだろうが。それにしても、古代人の深慮たるや恐るべし。
 「ヘレニズム」時代とは、厳密に言えば、アレクサンドロス大王の死後(紀元前三二三年)からクレオパトラ七世の死(紀元前三〇年)までの三百年間のことを指す。だがこの時代をそう命名したのは、軽んじられてきたこの時期の復権に尽力した十九世紀の歴史家ドロイセンであり、古代人の与り知らぬところであった。もともとこの時代を崇敬してやまないハドリアヌス帝が、「はて、ヘレニズムとは何か?」と建築家に訊き返す場面は、上質のアイロニーが効いている。紀元前五世紀を中心とするギリシア古典期を偏愛し、その後に続く時代の価値を認めない近代の一部知識人は、「古代後期」の人たちより自分たちのほうがギリシア精神の精髄を会得していると信じ込んできた。身の程知らずのその愚かしさを弁えるには、本書で語られるヘレニズム都市アレクサンドリアの空前の繁栄とその破滅を、ちょっと思い浮かべてみればよい。世界中から富と書物と知性を集めた一大文化都市は、七世紀にイスラム軍に占領されて破壊を受け、かつ八世紀に大地震に襲われて海中に沈んでしまった。現代文明にどんな災厄が待ち受けているかは、神のみぞ知る。
 古代ローマ史上有名なのは、火山の大噴火で滅亡した都市ポンペイである。ウェスウィウス火山が噴火した三年後にハドリアヌスは生まれており、皇帝もその史実なら一応知っている。だが、降り注ぐ火山灰で埋没してしまったその都市が、近代になって発掘され、古代ローマ住宅の壁画が良好な保存状態で発見されたことは、知る由もない。皇帝曰く、「そうであったか――」。天災によりすべてが失われたがゆえに、古代都市ポンペイは後代に遺贈された。これまた歴史の皮肉と言うべきか。
 こちらも本書で言及されているように、大地震と大洪水で海中に没してしまった伝説の島アトランティスの運命に類するものに、人類は古来幾度となく襲われてきた。はるか後代のプラトンが『クリティアス』で伝承したこと自体も、この運命に属する一幕であった。なるほど、死すべき者たちが築く世界は、いずれ滅びる。それでもなお彼らは、世界をふたたび築き、守り、たゆまず語り伝えるのである。

 人文学(humanities)や人文主義(humanism)の語源humanitasは、共和政ローマの政治家・哲学者であったキケロが、「教育・教養」の意のギリシア語paideiaをラテン語に翻案し定着させたものである。「人間性」は、古代人のおおらかな精神にふれ、陶冶されることによってこそ豊かとなる。市民共同体を担うにふさわしい人格形成の理念が、ここに基礎を据えられた。自由学芸(artes liberales)は、中世ヨーロッパでは七学科(文法、論理、修辞、数論、幾何、天文、音楽)とされたが、その源流たる古代ローマでは、市民の学ぶべき素養として、「建築」が数え入れられたという。ウィトルウィウスの『建築書』が古典として伝えられてきたのは、偶然ではなかった。
 建築とは、天文や音楽がかつてそうであったように、一種の「総合科学」なのである。演劇とともに、建築が「総合芸術」であることは言うまでもない。それに加えて、建てることと住むことについて考えることは、すでに一個の哲学なのだと、ハイデガーとともに言ってもよかろう。ともあれ、建築について学ぶことが教養を磨く王道の一つであることを、現代日本の建築家によって書かれた本書は、紛れもなく立証している。
 望むらくは、本書のような「フマニタスとしての建築」に目覚めることで、わが国が、地震大国、津波大国、原発大国、放射線大国として名を馳せるだけでなく、本物の建築大国、真の教養大国とならんことを。


→bookwebで購入