メイン | 『三四郎』夏目漱石(新潮社) »

2005年07月28日

『ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)(下)』(岩波現代文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉
→『ご冗談でしょう、ファインマンさん』〈上〉を購入
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉
→『ご冗談でしょう、ファインマンさん』〈下〉を購入

 大学院生の頃、この本をくり返し読んだ。10回は読んだのではないか。私が当時読んだのは英語の原書だったけど、この大貫さんの訳はとても良く出来ている。

 ファインマンのいたカリフォルニア工科大学は学部学生が一学年に200人しかいない小さな大学だが、ノーベル賞学者をこれまでに30人も出している。とてつもなくアタマの良い人たちの集まっているところなのだが、その中でもファインマンは格別にアタマが良かった。

 アタマが良いと言っても、シリアスな顔をしてもっともらしいことをする、というような賢さではない。はちゃめちゃなアタマの良さなのだ。もともと、物理学はこの世界の秩序のもっとも奥深くにある秘密を引き出す学問である。並大抵のアタマの良さではできない。人は、アタマの良さを突き詰めていくと、突然無重力の明るさに達するのだ。映画『アマデウス』のモーツァルトのことを考えれば判るでしょ。

 とにかくこの本を手にとって読んでほしい。「文系」も「理系」も関係ない。一つ一つのエピソードがあまりにも面白すぎて、絶対に他人に話したくなるはずである。女の子にもてる方法とか、精神科医との面接とか、リオのカーニバルでサンバをやる話とか、ノーベル賞をもらった後の講演会のこととか。「この人は何でこんな変なことをやるんだろう」とビックリしながら、そこにちゃんとロジックが通っていることにまた感動する。

 世の中には、いくら時代が流れても必ず読み継がれていく本というものがある。『ご冗談でしょう、ファインマンさん』はすでに古典だ。これを読まずして、世界の面白さが判ったなどと思わないで欲しい。中途半端なアタマの良さや、面白さに騙されないためにも、このとびっきりの名作を一刻も早く読むべきである! 

 そんなことを書いていたら、私ももう一度読み返したくなってきてしまった。まさにファインマン禁断症状である。

→『ご冗談でしょう、ファインマンさん』〈上〉を購入
→『ご冗談でしょう、ファインマンさん』〈下〉を購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/74

トラックバック

» 紀伊国屋書店が書評のブログを立ち上げました from ブログリサ
本日より紀伊国屋書店が書評のブログを立ち上げました いつも本を読みたいときにみなさんはどうやって本を探していますか 私は本屋さんで探すのも好きなのですが、いいものが見つからないこともありますしやはり下調べが重要になります 自分がいつも読んでいる作家やジャンルの本は目星をつけて見つけることができるんですが、いままで踏み込んだことのない世界への扉はまず見つけることすらできません この書評ブログは大学の先生をしている方ばかりでちょっと敷居が高いように思いますが、難しいからこそ、知らないからこそ... [Read More]

» 紀伊国屋書店の書評サイトがオープン from 彷徨える夜の魂
書評空間 KINOKUNIYA BOOKLOG 一時期、本を読むよりも書評を読む... [Read More]

» ファインマンが切手に from hou
 「郵趣」2005年8月号をみていると、5月にアメリカで発行された切手にファイン [Read More]

» 「ご冗談でしょう、ファインマンさん」(上)読み終わりました from ブログリサ
ファインマンさんとはアメリカ人です リチャード・ファインマンといいます 物理学者です 第二次世界大戦のとき、原子爆弾を作る研究をしていた 奥さんは結核にかかってしまい入院していましたが、亡くなってしまいます 人物紹介をするとこんな感じです (上巻ではまだノーベル賞を取っていません) 読んでいて感じたのは、 ・基本的にこの本はいたずらのお話 ・ファインマンさんは私と感覚が全然違う ・研究者は研究できることがあればひたすら研究している ・愚痴をこぼしたりする人ではない(少なくと... [Read More]

» 書評空間BOOKLOG by 紀伊国屋書店 from ニャンコ編集長の言いたい放題!
文化としての活字(=書籍)は電子パブリッシングなどに押され、情報源としての活字(=新聞など)はインターネットにその主役を奪われつつある。 こうした状況の中で、書評を現在の最先端のメディアとして成長中のblogという方法で配信するということは、一種の“メディ... [Read More]

» リチャード・P・ファインマン『ご冗談でしょう、ファインマンさん』 from BUB-SITE.com
ご冗談でしょう、ファインマンさんposted with amazlet at 05.09.07リチャード P. ファインマン Richard P. Feynma... [Read More]

» ■43号 いま心を考える from ビッグイシュー応援団(第二期)
脳科学者・茂木健一郎氏がゲスト編集長。 「未知なるモノ」を求めるのが脳。 脳からの要求に現代人はこたえることが出来るのか? 団長と団員で考えます。 作... [Read More]

» 『ご冗談でしょう、ファインマンさん』 from 考える葦のブログ
冗談のような実話は数多くありますけど、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』、この本は面白いですね。リチャード・P・ファインマンさんの自伝です。 ちなみに... [Read More]

» [文庫][自伝]ご冗談でしょう、ファインマンさん 上 R.P.ファインマン from remay’s Bookshelf
Sカメラマンのオススメ本、借りました。ありがとうございます。 ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫) 作者: リチャード P.ファイン... [Read More]