2009年12月01日

第1位『ヘヴン』川上未映子

第1位『ヘヴン』 →bookwebで購入

(講談社/1,470円)

読んだ後しばらくたっても、登場人物たちの言葉が胸にうずまいている。人の数だけ「世界」はあって、しかし生きてゆく「世界」はただひとつだということ。それが圧倒的に悲しい。初の長編作にして、生きる悲しみという答えの出ない問いに正面から向き合った作家に拍手!



〔新宿本店第一課・今井麻夕美〕


→bookwebで購入

第2位『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子

第2位『猫を抱いて象と泳ぐ』 →bookwebで購入

(文藝春秋/1,779円)

とても静謐な世界。伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密やかな奇跡の物語。彼を縦糸とするならば、彼を囲む人々が横糸となり、静かで美しい物語を織り上げてゆきます。どうぞゆっくり、物語の世界を泳いでみて下さい。



〔宇都宮店・高野典子〕


→bookwebで購入

第3位『星守る犬』村上たかし

第3位『星守る犬』 →bookwebで購入

(双葉社/800円)

10分ちょっとで読み終え、数時間の余韻が残り、幾日も思い出され、何度も読み返してしまう。犬と人との淡々と流れる物語。「幸せ」とは言いきれないラストながら、その幸せの枠組みを考えさせてくれる。単純に「泣ける!」の一言では売りたくない一冊です。・・・でも泣ける。



〔札幌本店第二課・加賀谷淳〕


→bookwebで購入

第4位『八朔の雪』髙田郁

第4位『八朔の雪』 →bookwebで購入

(角川春樹事務所/579円)

ぴりから鰹田麩にとろとろ茶碗蒸し。読んでる先から生唾がぁ・・。時代小説に求める三要素のひとつ、読み手の想像が膨らんでいく「料理」を軸に主人公澪を取り巻くあったかい人々と、悪辣な妨害にも立ち向かう澪が出合っていくさまざまな縁。それらが心地よい後味を残します。私の大好きな「池波作品の料理」に次ぐかもしれない、「おいしそう」がつまった作品です。



〔本町店・中山文子〕


→bookwebで購入

第4位『プリンセス・トヨトミ』万城目学

第4位『プリンセス・トヨトミ』 →bookwebで購入

(文藝春秋/1,649円)

無限の想像を掻き立てる緻密でありえへん話。大阪人の団結力なめるなよ! 文句あるんやったら大阪全部止めるからな! とばかりに守られる秘密。でも、「ホンマは言いたいねん!大阪城の下には実はなぁ・・・」「いや!やっぱり今はまだ言わんとくわ」



〔DVD・CD販売部推進課・松倉建太朗〕


→bookwebで購入

第6位『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』加藤陽子

第6位『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 →bookwebで購入

(朝日出版社/1,785円)

歴史は科学だと思いますか?の問いが新鮮です。日本人はなぜ戦争を選択したのか?栄光学園の中高生たちとロジカルに追究していきます。彼らの勉強ぶりと、どんな発言でも受け止めて応える加藤先生の「匠の技」がお見事!最新の研究成果やエピソードもふんだんに盛り込まれ、中高「年」の方でも読み応え十分です!



〔営業企画部営業企画課・佐藤高廣〕


→bookwebで購入

第7位『宵山万華鏡』森見登美彦

第7位『宵山万華鏡』 →bookwebで購入

(集英社/1,365円)

夏の妖しさと華やかさに目がくらむ。ひとりの男を騙すため、今壮大な「偽祇園祭」がはじまる。やがて、つくりものが現実に溶け出し、夏の不思議も混ざり合い、新たな物語がはじまる。“超金魚?”“宵山様?”そして繰り返される宵山の夜・・・。森見登美彦が描く一大絵巻!!



〔本町店・萩本愛子〕


→bookwebで購入

第8位『神去なあなあ日常』三浦しをん

第8位『神去なあなあ日常』 →bookwebで購入

(徳間書店/1,575円)

「あぁ、神去村で林業に従事したら、こんな楽しい生活が送れたのかなぁ。俺も行きてぇ~」なんて妄想してしまう傑作。タイトルからまったりした内容なのかなと思いきや、笑いありトキメキありダイナミックなアクション?ありのエンターテイメント小説。読後感もスッキリ最高。ハヤオ先生、映画化して下さい!!



〔新宿本店第一課・平野高丸〕


→bookwebで購入

第9位『単純な脳、複雑な「私」』池谷裕二

第9位『単純な脳、複雑な「私」』 →bookwebで購入

(朝日出版社/1,785円)

二枚の異性の写真を交互に見せられた時、人は少しでも長く見せられた方を「好みのタイプ」に選ぶ確率が高い。これは脳が長く接したものほど「好き」と感じるから。そこに私達が「カッコいい」等の様々な理由を後付しているだけ。「自分が道化に過ぎない」ことを知ることにより見えてくる事実。とにかく知的好奇心が刺激され面白い!



〔新宿本店第七課・生武正基〕


→bookwebで購入

第10位『元素生活』寄藤文平

第10位『元素生活』 →bookwebで購入

(化学同人/1,365円)

高校時代に読んでいたら、あれほど化学を毛嫌いせずに済んだだろうという1冊。111種もある元素全ての特徴を擬人化して紹介するというアホらしくも勉強になる教養書。駅などでもよく見かける寄藤さんのイラストがわかりやすく身の回りの元素の世界を教えてくれます。



〔首都圏東営業部水戸営業所・木下聡〕


→bookwebで購入

2009年11月30日

第11位『神様のカルテ』夏川草介

第11位『神様のカルテ』 →bookwebで購入

(小学館/1,260円)

ある病院の1人の医師を通して忙しく生活していると忘れがちな、でもきっと「ずっと忘れてはいけないもの」が見えてくる。読んだ後、胸が熱くなりました!! 本当に、自信を持ってオススメする一冊です。何年ぶりだろう? 情けない程に泣きました。



〔玉川高島屋店・村山康隆〕


→bookwebで購入

第12位『ねたあとに』長嶋有

第12位『ねたあとに』 →bookwebで購入

(朝日新聞出版/1,785円)

みんなもおいでよ! コモローの待つ山荘に。虫に驚き、お風呂にまごつき、コモロー家族が作ったなんだかなってゲームを、ゆるゆるとガチンコ勝負!! 絶対行きたい! でもあんまり人が来ちゃうのも困るから教えたくないほどに。そうそう、コタツって寒くなくても、あったら入っちゃう気持ちわかります。



〔宇都宮店・清水節子〕


→bookwebで購入

第13位『半島へ、ふたたび』蓮池薫

第13位『半島へ、ふたたび』 →bookwebで購入

(新潮社/1,470円)

旅の一番いい点は、以前よりこの世を肯定的に見られるようにしてくれること、と著者は言う。奪われた24年の拉致の中にも、少しでも肯定はあったのだろうか? 蓮池さんのソウル紀行「半島へ、ふたたび」を読んで、暗く冷酷な北朝鮮について、以前より少し見方が変わった気がする。



〔中四国地区支配人・秋山敬〕


→bookwebで購入

第14位『学問』山田詠美

第14位『学問』 →bookwebで購入

(新潮社/1,575円)

海辺の町で成長していく四人の少年少女たち。方言のかわいらしさや大好きな故郷への思い、かけがえのない幼なじみへの気持ち・・・ その日々はきらきらと輝きに彩られているけれど、やがていつかは訪れる死の影も静かにそこにある。彼らは大人になることを怖がってはいない。自分の中に芽生えた扉に気がつくこと、その扉の開け方を知ること、上手く開けられるように繰り返すこと、これすなわち学問なり。好きなものこそ上手なれ。読んでいて身体中にじんわりと幸せがしみてきます。



〔北千住マルイ店・平野千恵子〕


→bookwebで購入

第15位『獣の奏者 〈3〉探求編・〈4〉完結編』上橋菜穂子

第15位『獣の奏者 〈3〉探求編』
→bookwebで購入

第15位『獣の奏者 〈4〉完結編』
→bookwebで購入

(講談社/各1,680円)

〈1〉〈2〉で終わったはずの物語、確かにここまでだと児童書としても充分でした。でもこの〈3〉〈4〉で完結したことで完全に大人のものにもなりました。何て深く何という衝撃を与えてくれるのか。最後の数ページを読んだ後、私がイメージしたのは原爆投下後の人々の姿でした。そういうことをイメージさせる大きな物語なんです。



〔広島店・藤井美樹〕


→bookwebで購入

2009年11月29日

第16位『日本人の知らない日本語』蛇蔵 海野凪子

第16位『日本人の知らない日本語』 →bookwebで購入

(メディアファクトリー/924円)

日本語学校の先生と生徒のやりとりを見ながら「日本語って何だろう?」を知ることができます。日本人なのに初めて知ることや外国人の日本語の使い方が載っていて、学びながらも笑って読んでしまう一冊です。日本語がますます大好きになるので、はまりすぎないようご注意下さい。



〔札幌本店第二課・天谷まゆみ〕


→bookwebで購入

第17位『ダブル・ジョーカー』柳広司

第17位『ダブル・ジョーカー』 →bookwebで購入

(角川書店/1,575円)

たぶん私は結城中佐に魅了されている。陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。主たる結城中佐は(私の勝手な想像では)渋い美中年で恐ろしいほど頭はキレる。魔王・スパイマスターの側面しか知ることは出来ない。なのに魅了されている。そう、たぶん私は結城中佐に見事に騙されている。それでもかまわないのだけれど。



〔本町店・酒井和美〕


→bookwebで購入

第18位『きのうの神さま』西川美和

第18位『きのうの神さま』 →bookwebで購入

(ポプラ社/1,470円)

「ゆれる」の西川美和監督が僻村の医療の現実を見つめた、新たな傑作「ディア・ドクター」・・・ 本書は、映画という時間軸では語りきれなかった取材の成果や思いをすくいあげてみたという短編小説集。この人ならではの心の襞を押し広げるような言葉の触手がすばらしい。触れてほしくないところにそっと触れてもくるのだが、そうしたリアルを受け入れないとならない時が、誰にもきっと来るのだから。ここでも、酷薄なまでに人間の本性にメスを入れながら、メスの尖端にあたたかみのある西川監督の感性がきらめいている。



〔洋書部学術サポートグループ・野間健司〕


→bookwebで購入

2009年11月28日

第19位『世紀の発見』磯崎憲一郎

第19位『世紀の発見』 →bookwebで購入

(河出書房新社/1,470円)

先日「終の住処」が芥川賞を受賞した磯崎憲一郎ですが、僕にとっては「終の住処」よりもこっちです。冒頭の、主人公の少年の前に、大きな機関車が音も無くやって来るシーンだけでも読んでみてください。日常の中に夢幻と無限を描く著者の世界観に圧倒されるはずです。



〔新宿本店第二課・藤本浩介〕


→bookwebで購入

第20位『読んでいない本について堂々と語る方法』ピエール・バイヤール

第20位『読んでいない本について堂々と語る方法』 →bookwebで購入

(筑摩書房/1,995円)

読まないことこそ真の知性!? 「読んでいない本が沢山あるのに、また買ってしまった・・・!」と日々“つんどく”に精を出す読書家諸子(毎度ありがとうございます)を救済する、禁断の書! 本書を読んで読むのをやめるか否か、全「趣味は読書」の皆様が試されています。



〔総務部企画広報課・須賀喬巳〕


→bookwebで購入

第21位『植物図鑑』有川浩

第21位『植物図鑑』 →bookwebで購入

(角川書店/1,575円)

“料理万能”― それも楽しくて美味しい“道草”料理を作ってくれる“躾のできたよい子”でイケメンな彼が落ちていたら絶対に拾っちゃうでしょう! 読み終わった後は、“本物”の植物図鑑を片手に美味しそうな“道草”を求めて外へ飛び出したくなっちゃいます♪



〔新宿本店DVD課・金子裕美子〕


→bookwebで購入

第22位『1Q84 〈book1〉・〈book2〉』村上春樹

第22位『1Q84 〈book1〉』
→bookwebで購入

第22位『1Q84 〈book2〉』
→bookwebで購入

(新潮社/各1,890円)

「説明しなくてはわからないということは、説明してもわからないということ。」 先入観なしでまず読んでみてください。



〔梅田本店第五課・福田直也〕


→bookwebで購入

2009年11月27日

第23位『つみきのいえ』加藤久仁生【絵】 平田研也【文】

第23位『つみきのいえ』 →bookwebで購入

(白泉社/1,470円)

海の高さが高くなるごとにつみきのように重ねた家にすむおじいさん。おばあさんとの思い出を取りもどすため、沈んだ部分にもぐります。あたたかい色調に愛がつまったストーリーです。フランス・アヌシー国際アニメーションフェスティバルで最高賞受賞。



〔札幌本店第二課・中村智美〕


→bookwebで購入

第24位『夜想曲集』カズオ・イシグロ

第24位『夜想曲集』 →bookwebで購入

(早川書房/1,680円)

ひとりきりの静かな夜、お気に入りのソファに座り、薄暗い灯の下、ゆったりとしたジャズをBGMに読むなら、この本しかないでしょう!! 登場人物に感情移入し、現実逃避できること請け合いです。



〔浦和パルコ店・上田正美〕


→bookwebで購入

第25位『動的平衡』福岡伸一

第25位『動的平衡』 →bookwebで購入

(木楽舎/1,600円)

「生命」とは何だろうか、「生きる」というのは一体どのようなことなのだろうか。人間に限らず、地球上の全生物は何万という細胞から成り立っており、細胞は決して単独で存在することはできない。何故か。細胞は相互作用しながら日々生まれ変わらざるを得ないからである。そんなミクロ達の動きにメスを入れて効率、そして利益につなげようとする今日の科学・医療に、著者の福岡伸一は異論を唱える。一度読めば、「生命」とはいかに複雑で、「生きる」ことがいかに単純なのかがわかるだろう。



〔札幌本店第二課・武田茉由子〕


→bookwebで購入

2009年11月26日

第26位『図書館 愛書家の楽園』アルベルト・マングェル

26位『図書館 愛書家の楽園』 →bookwebで購入

(白水社/3,570円)

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの友人でもあるマングェルが描いた、図書館にまつわるあらゆる事柄を収めた本。失われた伝説のアレクサンドリア図書館やボルヘスが勤めた図書館、ラブレーの掲げた実在しない書物やジュール・ヴェルヌの『海底二万里』に現れるネモ船長の書斎まで、本の風景に溢れた一冊で、読み終えると書斎が欲しくてたまらなくなる。



〔新宿本店第七課・蜷川美峻〕


→bookwebで購入

第26位『日本語が亡びるとき』水村美苗

第26位『日本語が亡びるとき』 →bookwebで購入

(筑摩書房/1,890円)

インターネットの圧倒的な英語の世紀のなかで日本語が存続することは可能か。<普遍語>と<国語>の位相に思いをめぐらした著者の挑発的な提言はネットで賛否両論の反響をよんだ。それにしても青い空のアイオワやパリでの様々な体験は興味深く面白い。優れたエッセイとしてもぜひ一読を。



〔阪神地区副支配人・寒川浩一〕


→bookwebで購入

第28位『ハーモニー』伊藤計劃

第28位『ハーモニー』 →bookwebで購入

(早川書房/1,680円)

心と身体を変容させていく未来の人々を描いたこのSF小説を刊行して間もなく、作者の伊藤計劃は若くして病に倒れた。彼はもうこの世にない。しかし、遺されたこの小説は、彼が追い求めた問いの答えを、永久に探し続ける。人の心とは、なにか。あなたはこの問いに応えられるだろうか。



〔北海道営業部・原元太〕


→bookwebで購入

2009年11月25日

第29位『恋文の技術』森見登美彦

第29位『恋文の技術』 →bookwebで購入

(ポプラ社/1,575円)

この本を読めば、いかなる美女をも手紙一本で籠絡できる技術が身につけられる! …という保証はまったくできません。ある一人の男子大学院生が始めたのは、名づけて「文通武者修行」。“成就した恋ほど語るに値しないものはない”のなら、語るにおおいに価値のある、彼のビター・スウイート文通ライフをご堪能あれ。



〔新潟店・佐久間裕美〕


→bookwebで購入

2009年11月24日

第30位 『差別と日本人』』野中広務 辛淑玉

第30位 『差別と日本人』 →bookwebで購入

(角川書店/税込760円)

一方は直球で相手を見据え、他方は善も悪も腹の中に押し込めてジロリと相手を見やる。そのようなイメージの二人が「在日とは」「部落とは」又、「なぜ差別は生まれるのか・・・そして今も続くのか」を語る。対談ごとの後半にある辛さんの解説で背景がよく読み取れる。主義・思想の異なる二人が、まるでお転婆娘と頑固な父であるかのように、人としての深い部分では互いを尊重しているのがよくわかる。この中で語られる言葉はとてつもなく重く、そして日本の(日本人としての)暗い部分を照らし出してくれる熱い一冊です。



〔札幌本店第二課・大場由美子〕


→bookwebで購入