« 第2位 『そうか、もう君はいないのか』 城山三郎 | メイン

2008年12月01日

第1位 『出星前夜』 飯嶋和一

出星前夜 →bookwebで購入
(小学館/税込2,100円)

書いてくれてありがとう。そんな気持ちになれる作家はあまりいない。飯嶋和一はそう思わせてくれる数少ない作家の一人だ。4年ぶりの新作のテーマは「島原の乱」。誰もが一度は耳にした変えられぬ史実から、飯嶋氏はいつも新たな事実を教えてくれる。一作読むと虜になることまちがいなし。ぜひ仲間になってほしい。
〔名古屋名鉄店・松倉桑子〕


「黄金旅風」から4年、待ち焦がれた新刊の重さはなんと600グラム!島原の乱をテーマに権力者たちの愚劣ぶりを痛烈に描くが、叛乱軍を美化せず、その崩壊を緻密にたどりながら、ドロップアウトした寿安に希望を託すところがすばらしい。重さ以上に充実の大傑作!!
〔梅田本店・星 真一〕

→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/3079

トラックバック

» 紀伊国屋売上ランキングはつまらない? from 話題の@ニュース!
 紀伊國屋書店が全国63店舗の販売データを集計した。今年の累計売上げランキングを発表したが、読書通の人にとっては、まさに「アホくさランキング」である。少し... [Read More]